なかよしビクトリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オレンジサンセットから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかよしビクトリーズ
NAKAYOSI VICTRYS
メンバー 下村達也
岡田康太
結成年 2009年
2018年(再結成)
解散年 2016年
事務所 フリーホリプロコムフリー
活動時期 2009年2月 - 2016年5月31日
2018年4月21日 -
出身 奈良県
旧コンビ名 ロシア計画
オレンジサンセット
新オレンジサンセット
現在の活動状況 活動休止中(メンバーの病気療養により)
ネタ作成者 岡田康太
過去の代表番組 1ばんスクラム!!
ふくらむスクラム!!
テンプレートを表示

なかよしビクトリーズは、フリーのお笑いコンビ。

結成当初のコンビ名は「ロシア計画」。2009年2月放送の『新しい波16出演を機にコンビ名を「オレンジサンセット」と改名し、翌年2010年1月1日からホリプロコムに所属。2016年5月31日解散。

2018年4月21日、下村の芸能界復帰により「新オレンジサンセット」として再結成[1]。翌年の2019年2月7日深夜放送のラジオ番組内にて「なかよしビクトリーズ」に改名する事を発表した[2]

メンバー[編集]

岡田康太(おかだ こうた、 (1990-09-01) 1990年9月1日(28歳) - )ツッコミ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって左。

  • 奈良県出身。A型。左利き。身長163cm、体重52kg。
  • 奈良県立王寺工業高等学校卒業。
  • 趣味は映画鑑賞、自作の地図を書くこと、創作料理。
  • 特技は卓球選手に詳しいこと、歴史、旋盤加工。
  • 子供の頃好きだった芸人は名倉潤ネプチューン[3]
  • 初体験の相手は38歳のブラジル人であることを『芸人報道』で明かしている[4]
  • コンビ解散後はホリプロコムを退社しアマチュアに戻り、ピン芸人として活動。
  • 2016年7月30日、新コンビ結成記者会見を開催。元サンストレンジの宰務翔太と「プルメリアンズ」を結成する事を発表[5][6]。その後「カハラ」と改名したが、2017年10月に解散。

下村達也(しもむら たつや、 (1990-10-12) 1990年10月12日(28歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって右。

  • 奈良県出身。A型。身長171cm、体重60kg。
  • 奈良県立桜井高等学校卒業、短大中退。
  • 趣味は音楽鑑賞、ラーメン屋巡り、コンビニ巡り、プロ野球観戦、プロ野球名鑑を読むこと[3]
  • 特技は口笛、50m走(5秒台)。
  • 子供の頃好きだった芸人はグッチ裕三[3]
  • 芸人になる前は、ロックバンドのボーカルもしていたことがあった[3]
  • コンビ解散後は芸能界を引退。同年6月11日には新宿のネイキッドロフトにて、芸人仲間による引退セレモニーが行われた[7]
  • 引退後から再結成までの間、神田のラーメン店で働いていた[8]
  • フリーアナウンサーの花崎阿弓はいとこ。

来歴[編集]

中学生の時、岡田は『M-1甲子園』のことを知り、高校生になったら出たいと思い、相方を探しているうちに下村の面白さを知った。中学3年生の時に岡田と下村は同じクラスになり、ある日岡田が下村のそばに来て無理矢理な形で漫才を始めたところ、教室中大爆笑になったという。それまで下村は岡田と話したこともなかったという[9]

『M-1甲子園』では2006年は三重予選大会優勝、2007年2008年は2年連続で大阪予選大会優勝[9]

前コンビ名『ロシア計画』は「テレビ向きじゃないし、名前が怪しいから変えて欲しい」とテレビ局の人に言われたため改名。オレンジサンセットの名前はJUDY AND MARYの曲『Hello! Orange Sunshine』に由来し、「爽やかで響きがいい」という理由で決定した[9]

2009年、『新しい波16』(フジテレビ)への出演をきっかけに、アマチュアながら『ふくらむスクラム!!』のレギュラーに抜擢される。後続番組『1ばんスクラム!!』にもレギュラー出演。

M-1グランプリ2010では、三回戦進出。THE MANZAI2011、2014では、二回戦に進出した。

2010年1月1日付でホリプロコムに所属。

2016年5月13日、ホリプロコム公式ホームページにて同月末日をもって解散する事が発表された。

2018年4月21日に再結成[10]。同年5月5日に東京・シアターミネルヴァで単独ライブ「復活〜booger〜」を開催する。

2019年2月7日深夜放送の「四千頭身のオールナイトニッポン0(ZERO)」にゲスト出演し、番組内で新オレンジサンセットを改名させるコーナーが展開された。リスナーが提案した「なかよし」、四千頭身・石橋が提案した「ビクトリー」を採用する形で、「なかよしビクトリーズ」に改名する事が決定[11]

下村がIgA腎症に罹患したことが判明し2019年5月より活動休止中。

受賞歴[編集]

高校時代

出囃子[編集]

JUDY AND MARYHello! Orange Sunshine

テレビ出演[編集]

インターネット番組[編集]

  • オレンジサンセットの半熟劇場(GYAO!、2011年8月28日 - )

CM[編集]

  • JAバンク「松下奈緒に言われたら」篇(岡田のみ出演)
  • au「800MHz/スポ根ドラマ」篇(岡田のみ出演)
  • スニッカーズ「応援」篇(岡田のみ出演)
  • DeNA「マンガボックス読んでる選手権」篇(岡田のみ出演)

Web[編集]

  • 人志松本のすべらない話「WEB限定スペシャル動画」(岡田のみ出演)
  • レノボ「DAJALENOVO(ダジャレノボ)」キャンペーン
  • アニマルクッキング「かどや製油公式チャンネル」(岡田のみ出演)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新オレンジサンセットです!”. Twitter (2018年4月21日). 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ 新オレンジサンセットが「なかよしビクトリーズ」に改名”. お笑いナタリー (2019年2月8日). 2019年2月8日閲覧。
  3. ^ a b c d お笑いポポロ(麻布台出版社)2010年7月号 p.96 - 97
  4. ^ 2012年7月31日放送『芸人報道』”. TVでた蔵 (2012年7月31日). 2014年7月16日閲覧。
  5. ^ “元オレンジサンセットの岡田康大、今月末に「新コンビ結成記者会見」開催”. お笑いナタリー. (2016年7月11日). https://natalie.mu/owarai/news/194129 2016年7月12日閲覧。 
  6. ^ “岡田康大が新コンビ「プルメリアンズ」結成、2時間超の会見で8年間を回想”. お笑いナタリー. (2016年7月30日). https://natalie.mu/music/news/196485 2016年7月31日閲覧。 
  7. ^ 佐々木軍団決起集会『下村引退セレモニー』”. Twitter. 2019年2月9日閲覧。
  8. ^ うちで手伝ってくれてた達也がまたお笑い芸人として再スタートする事になりました。”. Twitter. 2019年2月9日閲覧。
  9. ^ a b c お笑いハイブリッド!!Vol.5(メディアボーイ、2011年1月5日発行)67ページより。
  10. ^ “オレンジサンセットが「新オレンジサンセット」として復活、5月に単独開催”. お笑いナタリー. (2018年4月23日). https://natalie.mu/owarai/news/279287 2018年4月23日閲覧。 
  11. ^ 新オレンジサンセットが「なかよしビクトリーズ」に改名”. TVでた蔵 (2019年2月8日). 2019年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]