ウィンミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィンミン
ဝင်းမြင့်
Win Myint NLD.jpg

任期 2018年3月30日2021年2月1日
副大統領英語版 ミンスエ(第一副大統領)
ヘンリーバンティオ(第二副大統領)
国家顧問 アウンサンスーチー
首相 廃止

任期 2021年4月16日
副大統領英語版 ドゥーワーラシーラビルマ語版英語版
国家顧問 アウンサンスーチー
首相 マン・ウィン・カイン・タン英語版

任期 2016年2月1日2018年3月22日
人民代表院副議長 ティ・クン・ミャ英語版

出生 (1951-11-08) 1951年11月8日(69歳)
Flag of Burma (1948-1974).svg ビルマ連邦英語版、ダヌビュー
政党 Flag of National League for Democracy.svg 国民民主連盟
出身校 ヤンゴン大学英語版
配偶者 チョーチョー英語版

ウィンミンビルマ語: ဝင်းမြင့်ALA-LC翻字法: Vaṅʻ" Mraṅʻ'ビルマ語発音: [wɪ́m mjɪ̰ɰ̃]、慣用ラテン文字表記: Win Myint; 1951年11月8日 - )は、ミャンマー政治家弁護士国民民主連盟に所属。2018年3月30日から2021年2月1日までの間、ミャンマーの大統領を務めた。

政治家としての経歴[編集]

2016年、下院議長に就任。2017年11月28日衆議院の招待により訪日。12月1日には安倍晋三首相などへの表敬訪問を行った[1]

2018年ティンチョー大統領の辞任に伴い、同年3月30日に大統領に選出。当時のミャンマーでは国家顧問であったアウンサンスーチーが事実上の最高指導者であり、大統領の権力は低いものとなっていたが[2]、就任演説では国民の社会、経済状況の改善や少数民族武装勢力との和平、民主国家建設のための憲法改正などを優先課題に挙げて職務に意欲を示した[3]

2020年11月に行われた総選挙では、与党の国民民主連盟が圧勝。この選挙に関して最大野党・連邦団結発展党の母体である軍部選挙違反を主張し、2021年2月1日にはクーデターを起こした。同日、ウィンミンは軍部により拘束された[4]が、クーデターを拒否する国民民主連盟所属の連邦議会議員が結成した連邦議会代表委員会を母体とする国民統一政府では拘束中のウィンミンを大統領と見なしている。

脚注[編集]

  1. ^ ウィン・ミン・ミャンマー下院議長等による表敬”. 首相官邸ホームページ (2017年12月1日). 2021年2月1日閲覧。
  2. ^ ミャンマー議会、新大統領にウィン・ミン前下院議長を選出”. BBC (2018年3月28日). 2021年2月1日閲覧。
  3. ^ ミャンマー新大統領にウィン・ミン氏就任”. 産経新聞 (2018年3月31日). 2021年2月1日閲覧。
  4. ^ スー・チー氏、クーデター拒否訴え ミャンマー国軍が全権掌握―総選挙後に権限移譲”. 時事通信 (2021年2月1日). 2021年2月1日閲覧。
公職
先代:
ミンスエ
大統領代行
ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国大統領
第10代:2018年3月30日 - 2021年2月1日
次代:
ミンスエ
大統領代行
先代:
マン・ウィン・カイン・タンビルマ語版英語版
副大統領代行英語版
ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国大統領
国民統一政府
2021年4月16日 - (現職)
次代:
議会
先代:
トゥラ・シュエ・マン
ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国連邦議会
人民代表院議長英語版

第2代:2016年2月1日 - 2018年3月22日
次代:
ティ・クン・ミャ英語版