マウン・マウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マウン・マウン
မောင်မောင်
Dr Maung Maung.jpg

任期 1988年8月19日1988年9月18日

出生 1925年1月11日
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国下ビルマ
死去 1994年7月2日
ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン管区ヤンゴン
政党 Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党

マウン・マウン(Maung Maung、1925年1月11日 - 1994年7月2日)はミャンマー政治家。1988年8月19日から同年9月18日までの約1ヶ月、同国大統領ビルマ社会主義計画党 (BSPP) 議長を務めた。

経歴[編集]

第二次世界大戦に従軍。戦後は軍を退役し新聞社を設立した。1974年に制定された憲法の起草者の一人。 1988年8月8日の大規模デモを受けて辞職したセイン・ルインの後継者としてBSPP議長に就任したが、彼の執政はソウ・マウンによるクーデターで終わりを告げた。

参考文献[編集]

  • 佐久間平喜『ビルマ(ミャンマー)現代政治史 増補版』 勁草書房、1993年
公職
先代:
エー・コ
大統領代行
ビルマの旗 ビルマ連邦社会主義共和国大統領
第7代:1988年8月19日1988年9月18日
次代:
ソウ・マウン
国家法秩序回復評議会議長
党職
先代:
セイン・ルイン
Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党議長
1988年8月19日 - 1988年9月18日
次代:
国民統一党に党名変更