セイン・ルイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイン・ルイン
စိန်လွင်

任期 1988年7月25日1988年8月12日

出生 1923年
British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国下ビルマ
死去 2004年4月11日
ミャンマーの旗 ミャンマーヤンゴン管区ヤンゴン
政党 Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党

セイン・ルインミャンマー語: စိန်လွင်, ラテン文字転写: Sein Lwin1923年 - 2004年4月11日)はミャンマー(ビルマ)の軍人政治家。1988年7月26日から同年8月12日までの短期間、同国大統領ビルマ社会主義計画党 (BSPP) 議長を務めた。

経歴[編集]

1943年にネ・ウィン率いる第4ライフル連隊に入隊。その側近としてキャリアを積んでいった。 1962年にヤンゴン大学で発生した学生デモ鎮圧の現場指揮を取り、徹底的な取締りを行なった。以降、民主化運動を弾圧する強硬派と見なされるようになった。

1988年7月26日、辞職したネ・ウィンの後を継いでBSPP議長に就任するが、民主化運動の波は治まらず、8月8日の大規模デモにおいて軍による無差別発砲で死傷者を出すに至って、マウン・マウンに同職を譲った。

2004年4月にヤンゴンで病死した。

参考文献[編集]

  • 佐久間平喜『ビルマ(ミャンマー)現代政治史 増補版』勁草書房、1993年
公職
先代:
サン・ユ
ビルマの旗 ビルマ連邦社会主義共和国大統領
第6代:1988年7月25日1988年8月12日
次代:
エー・コ
大統領代行
党職
先代:
ネ・ウィン
Burma Socialist Programme Party flag.svg ビルマ社会主義計画党議長
1988年7月26日 - 1988年8月19日
次代:
マウン・マウン