イシコリドメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊斯許理度売命

神祇 天津神
全名 伊斯許理度売命
別名 石凝姥命、石凝戸邊命
神格 鏡作
天糠戸
天科刀見命
神社 鏡作坐天照御魂神社鏡作伊多神社
関連氏族 作鏡造、春日部村主、戝田直
テンプレートを表示

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)は日本神話に登場する女神。作鏡連(かがみづくりのむらじ)らの祖神、天糠戸(あめのぬかど)の子とされている。『古事記』では伊斯許理度売命、『日本書紀』では石凝姥命または石凝戸邊命(いしこりとべ)と表記されている。

神話での記述[編集]

岩戸隠れの際に八咫鏡を作った。ちなみに日前神宮・國懸神宮和歌山市)には八咫鏡に先立って鋳造された鏡である日像鏡・日矛鏡(ひがたのかがみ・ひぼこのかがみ)がある。日像鏡は日前神宮の神体、日矛鏡は國懸神宮の神体となっている。

天孫降臨に際して天児屋命(あめのこやね)・太玉命(ふとだま)・天宇受売命(あめのうずめ)・玉祖命(たまのおや)・伊斯許理度売命ら五伴緒神(いつとものおのかみ)が邇邇芸命(ににぎ)に随伴している。

解説[編集]

神名の名義について、「コリ」を凝固、「ド」を呪的な行為につける接尾語、「メ」を女性と解して、「石を切って鋳型を作り溶鉄を流し固まらせて鏡を鋳造する老女」の意と見る説や[1]、一族に「」や「凝、己利」(コリ、金属塊の意)の文字をもつことから、鍛冶部族としての性格を表していると見る説もある[2]

鋳物の神・金属加工の神として信仰されている。鞴神社(大阪市天王寺区)、中山神社岡山県津山市)、鏡作坐天照御魂神社奈良県磯城郡)、岩山神社岡山県新見市)などに祀られる。

脚注[編集]

  1. ^ 西宮一民「付録 神名の釈義」『新潮日本古典集成 古事記』新潮社、2014年、366頁。
  2. ^ 宝賀寿男銅鐸と鏡作氏 銅鐸と物部氏」『古樹紀之房間』、2014年。

関連項目[編集]