アンガラ・ロケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンガラ・ロケット
Angara.svg
アンガラロケットのバージョン
基本データ
運用国 ロシアの旗 ロシア
開発者 クルニチェフ国家研究生産宇宙センター, KBKhA
使用期間 2014年 - 現役
射場 プレセツク宇宙基地
ボストチヌイ宇宙基地(予定)
打ち上げ数 2回(成功2回)
姉妹型 羅老
物理的特徴
段数 2-3段
ブースター 0-6基
総質量 171-790 トン
全長 42.7-64 m
直径 アンガラ 1.22.9
アンガラ A5 8.86 m
軌道投入能力
低軌道 3,800-24,500 kg
プレセツクからの打ち上げの場合
静止移行軌道 5,400 - 7,500 kg
プレセツクからの打ち上げの場合
テンプレートを表示
MAKS 2009で展示されたアンガラの模型

アンガラ・ロケット (Angara rocket) はロシアで開発・運用されている人工衛星打ち上げ用ロケットである。

名称はロシアのアンガラ川に由来する。

概要[編集]

アメリカのEELVと同様に規格化された設計が為され、必要に応じて構成を変えることで3,800から24,500kgの貨物を低軌道に投入できる。これによりコスモス-3Mツィクロンロコットゼニットプロトンなどの打ち上げロケットを置き換える事を目的としている。将来は補助ブースターとして回収可能性が特徴であるバイカル・ブースターを用い、大幅なコスト削減が可能としている。

最初の打ち上げは、プレセツク宇宙基地からアンガラ1.2バージョンで行われた。財政難の影響で射点の建設が遅れたため、初の打上げは2014年7月まで遅れた。ただ、打ち上げ実験自体は、1段目にアンガラロケットと同様のものが使われている韓国の羅老打ち上げと同時に始まっており、2009年に初の打ち上げが行われた[1][2]

設計[編集]

アンガラロケットはユニバーサル・ロケット・モジュール(URM)という共通モジュールを各バージョンで使用する。EELVとは異なりアンガラは固体燃料ロケットブースター(SRB)は使用しない。

一段目はURM-1と呼ばれ、液化酸素RP-1を燃料とするエンジンであるRD-191を備える。必要に応じてURM-1を1、 3、 5または7本を束ねて使用される。

二段目は1.2バージョンでのみソユーズ2.1bでも使用されるブロック Iを使用し、それ以外のバージョンではURM-2と呼ばれるブロック Iを拡張したモジュールを使用する。

大半のバージョンは無人の打ち上げを対象とするが、アンガラA5PとアンガラA7Pは有人打ち上げ能力を有するように設計される。すべてのアンガラロケットは同一の射場設備を使用する[3]

URM-1: 1段目と補助ロケット[編集]

ユニバーサル・ロケット・モジュール(URM)はどのアンガラでも共通するコアである。アンガラ A5は4基のURM-1を補助ロケットとして追加する。それぞれのURM-1は液体酸素RP-1 (ケロシン)を燃焼する1基のNPO エネゴマシュRD-191を装備する。[3]

RD-191は元はエネルギアのブースターの動力として開発された4基の燃焼室を備えるRD-170からの派生機種の単燃焼室のエンジンである。 ゼニットの4燃焼室のRD-171と2燃焼室のRD-180ULAアトラス Vも同様にRD-170の派生型で、ソユーズ 2-1vの1段目の動力である1970年代のNK-33の代替としてRD-193は検討されている。RD-191は出力を30%まで下げることが可能で中央のURM-1はURM-1補助ロケットの分離時まで推進剤を温存する。[4]

URM-1は液体酸素タンクが上部にありタンク内構造は飛行制御とテレメトリの機器と下にケロシンのタンクで構成される。モジュールの底部の推進装置はピッチとヨーの制御のためのジンバル機構とロールの制御のための推進器を備える。[5]

URM-2: 2段目[編集]

キマフトマティキRD-0124Aを備えたアンガラの2段目はURM-2として分類され、同様に液体酸素とケロシンを燃焼する。RD-0124Aは現在ソユーズ2の2段目のブロックIの動力であるRD-0124と似ている。URM-2の直径はアンガラA5と他の派生型用には3.6mが予定される。アンガラ 1.2はより小型の RD-0124Aを動力とする段目を備え、ブロックIと大半が共通の直径2.66m[6] 或いは拡大されてURM-1の直径と同じ2.9mになる可能性がある。[7]

上段[編集]

アンガラ1.2は上段としては使用されず、或いはアンガラA5で低軌道にペイロードを運ぶ予定である。[3] 静止トランスファ軌道のようなより高エネルギーの軌道へはアンガラ A5は(現在はプロトン-Mロケットで使用する)S5.98Mを動力としてN2O4UDMHを燃焼するブリーズ-M上段、或いは新たな極低温上段のKVTKを使用する予定である。この段ではLH2/LOXを推進剤とするRD-0146Dを使用する事によりアンガラ A5 は2トン以上をGTOに投入する予定である。[3] ボストチヌイからの打ち上げでは毒性のあるブリーズMの推進剤を避けるためにブロックDの使用が検討される。[8]

派生型[編集]

アンガラ 1.2[編集]

開発中の最小のアンガラは1基のURM-1 コアと改良されたブロック Iを備えるアンガラ1.2である。離陸時の重量は171トンで200 km x 60°の軌道へ3.8トンの投入が可能である。[6][9]

アンガラ 1.2pp[編集]

改良型のアンガラ1.2でアンガラ 1.2pp (Angara-1.2 pervyy polyot, アンガラ-1.2 初飛行を意味する)と呼ばれ、2014年7月9日のアンガラの初飛行の弾道飛行で使用された。この打ち上げでは22分間で重量1,430キログラム (3,200 lb)の模擬のペイロードを運んだ。[10] アンガラ 1.2PP の重量は171,000キログラム (380,000 lb)で1基のURM-1段と部分的に推進剤が直径3.6メートル (12 ft)のURM-2に充填され、2014年12月23日に実施された最初の軌道周回飛行の前にアンガラA5の主要な構成要素を試験する目的だった。[11]

アンガラ A5[編集]

2番目に開発されたアンガラは1基のURM-1コアと4基のURM-1ブースターと2段目の3.6m URM-2と上段のブリーズ-M或いはKVTKで構成されるアンガラA5HLVだった。[3] 打ち上げ時の重量は773トンのアンガラ A5の軌道投入能力は高度200 km x 軌道傾斜角60°の軌道へ24.5トンの能力を有する予定である。アンガラA5はブリーズM搭載時で静止トランスファ軌道へ5.4トン、KVTK搭載時では7.5トンの軌道投入能力を有する予定である。[9] アンガラA5は4基のURM-1をブースターとして使用して最大推力はおよそ214秒間噴射してから分離する。中央のURM-1は離陸時に最大推力でその後、推進剤を温存するために出力を30%に抑える。ブースターを分離後に出力を戻して同様に110秒間燃焼する。[4]

計画された派生型[編集]

アンガラ 1.1[編集]

軌道投入能力が2トンのブリーズ-KMを2段目として使用する初期のより小型の計画はアンガラ1.1と呼ばれた。この派生型は2013年に就役したソユーズ 2-1vと能力が重複するので中止された。[6]

アンガラ A3[編集]

アンガラA3は1基のURM-1コアと2基の URM-1ブースターで構成され直径3.6mのURM-2と高軌道のためにオプションでブリーズ-M或いは水素を推進剤とする上段で構成される予定だった。この機体用の水素推進剤の段はRCAFと呼ばれ、アンガラA5のKVTKよりも小型になる予定だった。この機体は現在は計画にはなく、この機体が担当する予定だったペイロード(200 km x 60°へ14.6トン、GTOへはブリーズ-Mで2.4トン或いは水素上段で3.6トン)[9]は大半がソユーズ2が網羅するが、ゼニットを置き換えるための開発はできない。[12]

アンガラ A5P[編集]

クルニチェフはアンガラA5で新しい18トンの乗員輸送用の宇宙船を打ち上げるアンガラA5Pを提案した。この派生型は4基のURM-1をブースターとして中央のコア URM-1の周囲に配置するが2段目は備えず、宇宙船をスペースシャトルブランのように完全な周回軌道へ引き継ぐためのわずかな弾道軌道へ投入する。この方法の利点は全てのエンジンが地上にいる時点で点火して状態を確認できる事で、不確実性のある打ち上げ後の空中での点火を除去できる。RD-191エンジンも同様に安全性を増やすために推力を減らして運転される可能性がある。[13][14]

アンガラ A5V[編集]

クルニチェフは新型の大型水素上段(URM-2V)によってURM-2を置き換え、推力を増強したURM-1を備えた改良型のアンガラA5を提案した。URM-1ブースターの推力を最初の40秒間に10%高め、クロス供給とより強力なRD-195をURM-1に搭載する事でURM-2をより重たいURM-2Vに置き換えても良好な推力/重量比をもたらす事を目的とする。最終的な仕様ではA5Vの能力は低軌道へ35-40トンが考えられる。[15]

アンガラ A7[編集]

超重量級のアンガラA7は総重量1133トンで200 km x 60の軌道へ35トン或いはURM-2の代わりにKVTK-A7を2段目として装備することで静止トランスファ軌道へ12.5トンを投入する能力を備える。[9] さらに多くの推進剤を搭載するためにURM-1を大型化する必要があり、水素推進系のKVTKを開発しなければならないので現時点ではこの機体を開発する予定はない。アンガラA7は同様に異なる発射台を必要とする予定だった。[16][17]

アンガラ-100[編集]

アンガラ-100は2005年にクルニチェフによって提案されたNASAのビジョン・フォー・スペース・エクスプロレーションのための超重量物打ち上げ機である。ロケットは4基のRD-170を動力とするブースターと1基のRD-180を動力とするコアとエネルギアのRD-0120エンジンを改良したRD-0122を備える極低温上段で構成される。低軌道へのペイロード運搬能力は100トン以上の予定だった。[18]

バイカル[編集]

NPOモルニヤと共にクルニチェフは同様にバイカルという名称の再使用可能なURM-1ブースターが計画された。URM-1に主翼、尾翼、着陸装置、帰還飛行用のエンジンと姿勢制御推進器を装備することでミッション終了後に空港に帰還する予定である。[19]

打ち上げ施設[編集]

ロケットはロシアのプレセツク宇宙基地と現在建設中のボストチヌイ宇宙基地から打ち上げられる予定である。ロシアは現在使用中のカザフスタンバイコヌール宇宙基地の使用を減らしたいと願っている[3]。カザフスタンとのBaiterek計画ではアンガラA5の打ち上げがバイコヌールから行われる可能性もある[13]。2009年には、プレセツク射場の建設予算が減額されたことがアンガラの開発の主な障害であると報告された[20]

生産と販売[編集]

ユニバーサルロケットモジュールとブリーズ-M上段ロケットの生産はオムスクのクルニチェフの子会社であるPolyot生産会社で行われる。2009年にPolyotは7億7140万ルーブル (約2500万ドル)をアンガラの製造ラインに投資した[13]。RD-191エンジンの設計と試験はNPOエネゴマシュが行い生産はペルミプロトン-PMが行う[13] 。 すべてのアンガラシリーズは商業打ち上げに販売される予定で値段はアンガラ1.1が約2000万ドルである[21]

仕様[編集]

バージョン アンガラ 1.1
(キャンセル)
アンガラ 1.2 アンガラ A3
(構想中)
アンガラ A5
アンガラ A5P
(構想中)
アンガラ A7P
(構想中)
アンガラ A7V
(構想中)
一段目 1xURM-1, RD-191 1xURM-1, RD-191 3xURM-1, RD-191 5xURM-1, RD-191 5xURM-1, RD-191 7xURM-1, RD-191 7xURM-1, RD-191
二段目 ブリーズ-KM Block I, RD-0124A URM-2, RD-0124A URM-2, RD-0124A -- -- --
三段目 (LEOには使用しない) -- –- ブリーズ-M/KVSK[22] ブリーズ-M/KVTK[22] -- KVTK-A7[22] KVTK-A7[22]
推力 (地上) 196 Mgf (1.92 MN) 196 Mgf (1.92 MN) 588 Mgf (5.77 MN) 980 Mgf (9.61 MN) 980 Mgf (9.61 MN) 1,372 Mgf (13.44 MN) 1,372 Mgf (13.44 MN)
打ち上げ重量 149 t 171.5 t 478 t 759 t 713 t 1,125 t 1,184 t
全高 (最大) 34.9 m 41.5 m 45.8 m 55.4 m  ?  ?  ?
ペイロード (LEO 200 km) 2.0 t 3.7 t 14.6 t 24.5 t 18.0 t 36.0 t 40.5 t
ペイロード (GTO) -- -- 2.4/3.7 t 5.4/7.3 t --  ? --
ペイロード (GEO) –- –- 1.0/2.0 t 2.9/4.5 t -- 7.5 t 9 t

開発の歴史[編集]

1995年8月26日ロシア政府はアンガラロケットの開発を承認した[23]

2007年12月12日クルニチェフはNPOエネゴマシュの技術者が飛行状態に近い状態で第一段の油圧系と操舵アクチュエータの試験に成功したと発表した[23]

サリュート設計局とクルニチェフの協力でによりアンガラロケットの第一段の再使用可能なブースターロケットが設計された[24]

2008年4月14日Rian newsはクルニチェフのディレクターが月曜日に新世代のロシアのロケットの飛行試験が2010年に開始されると発表されたと報告。

2008年9月5日にNPOエネゴマシュのRD-191の開発者がエンジン完全燃焼試験が完了し、生産の準備が整ったと報告[25]

2009年1月10日最初に完成したURMが地上試験に運ばれる。低温試験と燃焼試験が2009年の前半に予定される[26]

2009年1月18日両方の推進剤の部材の試験が行われた。

2009年4月29日に最初の低温試験が行われURMに100t近い液体酸素が注入され油圧と空圧ポンプシステムの機能が調べられた。

2009年7月30日RD-191エンジンを搭載したURMの最初の燃焼試験が行われた[27]

羅老ロケットとしての打ち上げ[編集]

2009年8月25日、韓国の羅老ロケット初号機が打ち上げられた。第一段にURM/RD-151が使用されており[28]、全高30 mで重量140 トンの羅老は、サイズがアンガラ1.1と似ている。1回目となる打ち上げはURMの試験を兼ねており高度196 kmに達した。第1段すなわちURM/RD-151エンジンの打ち上げとしては成功したが、韓国で製造された2段目のフェアリングの分離に失敗したために衛星(STSAT-A)の軌道投入はできなかった[29][30]。この一連の韓国での打ち上げでロシアは2億1000万ドルの資金を得た。

2009年12月5日、ロシア連邦宇宙局はエンジンの試験が完了したが資金不足のためにアンガラの最初の飛行試験は2011年から2012年に延期すると発表[31]。クルニチェフロケットの開発の完了までに次の3年間で10億ルーブル(約2億9000万ドル)の追加の割り当てが必要だと政府に打診した。

2010年6月10日、韓国の羅老ロケット2号機は発射137秒後、通信が途絶し、爆発、墜落した。失敗の原因は韓国側が製造した2段目が予定時間前に点火した事による。

2013年1月30日、韓国の羅老ロケット3号機はロシアの全面的な技術支援の下で、衛星STSAT-2Cを軌道投入する事に成功した。RD-151エンジンを搭載した1段目はロシアが単独で開発・製造・運用し、韓国は1段目に全く関わっていない。

アンガラとしての初打ち上げ[編集]

2014年6月4日、ロシア連邦宇宙局は、6月25日にアンガラ1.2の1号機をプレセツク宇宙基地から打ち上げることを発表した。1号機は特別に「初打ち上げ」を意味する первый пуск の頭文字を取って「アンガラ1.2PP」と名付けられている。この打ち上げでは人工衛星は搭載されず、弾道飛行が予定されている[32]。6月25日の打上げは説明なく27日に延期、27日もまた延期となった。28日には再々度延期され、一旦発射台から組立棟に戻された[33]。延期の理由は1段目の酸化剤タンクのドレンバルブが凍結し、閉じなかったことであり、7月9日打ち上げ予定と報じられた[34]

2014年7月9日16時 (モスクワ時間) 、アンガラ1.2PPは初の打上げに成功した。プレセツク宇宙基地から打ち上げられ、22分間の弾道飛行の後に5,700km離れたカムチャツカ半島のクラ射撃場に着弾したと発表された[35]

2014年12月23日5時57分 (UT)、アンガラA5の1号機、アンガラA5-1LMがプレセツク宇宙基地から打ち上げられた。1LMは「1番目の打ち上げ機」を意味するロシア語の頭文字に由来する[36]。アンガラA5は、4基のURM-1を第1段、中央部の1基のURM-1を第2段、その上のURM-2を第3段とする構成で、今回は第3段の上段に2tのダミー衛星を積んだブリーズMが搭載されて打ち上げられた[36]。打上げから12分後にブリーズMが切り離され、約9時間後には静止衛星軌道に到達した[36]

打ち上げ記録[編集]

回数 日付 時間 (GMT) 仕様 射場 結果 ペイロード 備考
1 2014年7月9日 12:00 アンガラ 1.2PP プレセツク 成功 ダミーペイロード[10] 弾道飛行試験。二段目をBlock IからURM-2に置換えた特別仕様機。
2 2014年12月23日 05:57 アンガラ A5-1LM プレセツク 成功 ダミーペイロード ブリーズMに2tのダミーを搭載して打ち上げ。

比較にあげられるロケット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 羅老号:1段目ロケット、ロシア側が負担へ 朝鮮日報. (2011年2月8日). 2011年2月14日閲覧。
  2. ^ 나로호 3차 발사 시동…러, 로켓 제작 시작 KBS. (2011年2月8日). 2011年2月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Angara Launch Vehicles Family”. Khrunichev. 2009年7月25日閲覧。
  4. ^ a b Angara A5”. 2014年7月閲覧。
  5. ^ Zak, Anatoly. “URM-1”. 2014年7月閲覧。
  6. ^ a b c Angara 1.2”. 2014年7月閲覧。
  7. ^ Angara URM-2”. 2014年7月閲覧。
  8. ^ Zak, Anatoly (2015年6月11日). “Angara to replace Proton”. RussianSpaceWeb.com. 2015年9月8日閲覧。
  9. ^ a b c d Angara Launch Vehicles Family”. Khrunichev State Research and Production Space Center. 2014年7月閲覧。
  10. ^ a b Angara, Russia’s brand-new launch vehicle, is successfully launched from Plesetsk”. Khrunichev. 2014年7月11日閲覧。
  11. ^ Russia made its first test launch "Angara-A5"”. RIA Novosti (2014年12月23日). 2014年12月23日閲覧。
  12. ^ Angara A2”. 2014年7月閲覧。
  13. ^ a b c d Vorontsov, Dmitri; Igor Afanasyev (2009-11-10). Russia CIS Observer 3 (26). http://www.ato.ru/content/angara-getting-ready-launch+2010年1月3日閲覧。. 
  14. ^ Angara-5P” (2013年10月). 2014年7月閲覧。
  15. ^ Angara-5V” (2015年6月). 2014年10月閲覧。
  16. ^ Angara A7”. 2014年7月閲覧。
  17. ^ Angara-7”. 2014年7月閲覧。
  18. ^ Angara-100”. 2014年12月6日閲覧。
  19. ^ Baikal Reusable Launch Vehicle”. Khrunichev. 2010年1月3日閲覧。
  20. ^ Clark, Stephen (2009年12月4日). “Russia Delays Angara Rocket Debut as Testing Progresses”. Spaceflight Now. http://www.space.com/news/091204-angara-rocket.html 2010年1月3日閲覧。 
  21. ^ Harvey, Brian (2007). “Launchers and engines”. The Rebirth of the Russian Space Program (1st ed.). Germany: Springer. ISBN 9780387713540. 
  22. ^ a b c d KVTK (ロシア語)”. Khrunichev. 2010年1月3日閲覧。
  23. ^ a b Successful Tests of Angara Stage 1 Engine”. Khrunichev (2007年12月12日). 2010年1月3日閲覧。
  24. ^ Baikal booster stage. RussianSpaceWeb.
  25. ^ A new engine is ready for Angara (in Russian)” (2008年9月5日). 2010年1月3日閲覧。
  26. ^ URM-1 is being prepared for the burn tests (in Russian)” (2009年1月29日). 2010年1月3日閲覧。
  27. ^ Fire test of RD-191 engine in stage composition” (2009年8月3日). 2010年1月3日閲覧。
  28. ^ First launch of KSLV-1 is conducted” (2009年8月25日). 2010年1月3日閲覧。
  29. ^ Satellite fails to enter orbit, by Korea Times” (2009年8月25日). 2010年1月3日閲覧。
  30. ^ South Korea launch of KSLV-1 – Russians claim it failed” (2009年8月25日). 2010年1月3日閲覧。
  31. ^ http://www.space-travel.com/reports/Tests_Of_Angara_Rocket_Postponed_To_2012_Over_Lack_Of_Funds_999.html
  32. ^ ロシア最新鋭のアンガラロケット、6月25日に初打ち上げ”. 宇宙(そら)へのポータルサイト sorae.jp (2014年6月5日). 2014年6月5日閲覧。
  33. ^ アンガラ1.2PPロケット、修理のため組立棟に逆戻り 打ち上げは無期延期”. 宇宙(そら)へのポータルサイト sorae.jp (2014年6月28日). 2014年6月28日閲覧。
  34. ^ アンガラ1.2PPロケット、再び発射台へ 7月9日に打ち上げ再挑戦”. 宇宙(そら)へのポータルサイト sorae.jp (2014年7月7日). 2014年7月9日閲覧。
  35. ^ Первый пуск "Ангары" прошел успешно (アンガラの初打ち上げが成功した)”. インテルファクス通信 (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  36. ^ a b c アンガラA5ロケット、打ち上げ成功 ロシア最新鋭の大型ロケット誕生”. sorae.jp (2014年12月24日). 2014年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]