アルファロメオ・ステルヴィオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ステルヴィオ (STELVIO)は、アルファロメオが製造・販売しているSUVである。

概要[編集]

ステルヴィオ
Alfa Romeo Stelvio 2.0T Q4 (35220517026).jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2017年-
乗車定員 5
ボディタイプ 5ドアSUV
駆動方式 AWD
FR
変速機 8AT
全長 4,690mm
全幅 1,905mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,820mm
車両重量 1,660kg
プラットフォーム Giorgioプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2016年、ロサンゼルスオートショーにて初公開される。

ステルヴィオは、アルファロメオの新世代モデル第2弾となるプレミアムSUV。2016年にニュルブルクリンク北コースで世界最速の量産4ドアセダンの座に輝いた「ジュリア」の最新鋭アーキテクチャーを受け継ぎ、優れた俊敏性や操縦安定性を実現している。

ドライブトレーンには、独自の4輪駆動システム「アルファロメオ Q4」を採用。走行状況に応じて前車軸に50%、後車軸に100%を上限とするトルク伝達を行う可変トルク配分機構により、ドライバーの思い通りのラインをトレースする正確なハンドリング特性を実現した。

ファーストエディションの搭載エンジンは、最高出力280ps、最大トルク400Nmを発生する2リットル直列4気筒SOHC16バルブマルチエアツインスクロールターボ。ZF製8速ATとの組み合わせで、0-100km/hタイム5.7秒(欧州参考値)という、同クラスのSUVとして最上級の加速性能を発揮する。

エクステリアは、背高のSUVながら機能性にも優れた流麗なフォルムにより、上質かつ個性的なイタリアンデザインを具現化。印象的なヘッドライトには、バイキセノン式ヘッドライト、LEDデイタイムランニングライトを備える。また、エンジンフードやフロントフェンダー、ドアアウターパネル、リアハッチには軽量なアルミニウム素材を採用し、理想的な前後重量配分や優れたパワーウエイトレシオの実現に寄与している。

インテリアはレザーシートをはじめ、8ウェイパワーシート(前席、運転席メモリー付)、レザーステアリング、ヒーテッドステアリングなどにより快適な移動空間を提供する。音声認識機能付の車載インフォテインメントシステム「コネクトシステム」は、8.8インチセンターディスプレイにさまざまなコンテンツを表示し、ロータリースイッチにより直感的な操作が可能。Apple CarPlay/Android Autoにも対応する。また、ハーマンカードンプレミアムオーディオシステムを標準装備する。ラゲッジルームは、525リットルの容量を確保。電動で開閉するパワーテールゲートを標準装備するほか、小物入れなどの収納も豊富に用意し、利便性を高めている。

先進安全装備については、歩行者検知機能付の前面衝突警報(FCW)をはじめ、前方障害物の存在をドライバーに警告し、次いでブレーキを作動する自動緊急ブレーキ(AEB)、車線逸脱を予防するレーンデパーチャーウォーニング(LDW)、高速走行時に安全運転を支援するアダプティブクルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)などを標準で備える。

日本発売[編集]

2018年7月21日、日本導入第1弾として「ファーストエディション」が限定400台で発売。内外装の特別装備により、上質感をさらに高めた仕様となる。エクステリアは、レッド仕上げブレーキキャリパーや専用デザインの大径20インチ5ツインスポークアルミホイールにより足元を精悍に演出。インテリアにはプレミアムレザーシートやウッドパネルが特別装備される。ボディカラーはソリッドが2色、メタリックが2色の計4色、2トーンを含む4色のインテリアカラーが用意される。

ファーストエディション限定の特典として、アルファロメオ誕生108周年と掛け合わせた、1年間・108名限定のプライベートコンシェルジュサービス「STELVIO 108 CLUB」への応募加入権が付与される。

2018年10月27日、正式カタログモデルが発売開始となる。「2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」「2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ」、ベースモデル「2.0 TURBO Q4」の計3モデルとなる。同年11月28日、V6ツインターボ2.9Lのハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」が追加発売となる。

2019年4月6日、ディーゼルモデルの「2.2 TURBO DIESEL Q4」が追加発売となる。

2020年8月20日、マイナーチェンジが行われた。衝突被害軽減ブレーキおよびアダプティブクルーズコントロールが全車標準装備になり、グレード編成が「2.2 TURBO DIESEL Q4 SPRINT」「2.2 TURBO DIESEL Q4スポーツパッケージ」「2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」「クアドリフォリオ」となる[1]

車名[編集]

「STELVIO」は、イタリア北部のアルプス山中にある「ステルヴィオ峠」に由来する[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「Alfa Romeo GIULIA /STELVIO」を改良 - FCAジャパン 2020年8月20日
  2. ^ STELVIO FIRST EDITION - アルファロメオ・ジャパン

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]