アムステルダム証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
証券取引所 旧館(左)と新館(右)
オランダ東インド会社の株券

アムステルダム証券取引所(英語:Amsterdam Stock Exchange、オランダ語:Amsterdamse effectenbeurs)は、オランダアムステルダムにある証券取引所がユーロネクスト・アムステルダムに合併する前に使用していた名称。

概要[編集]

アムステルダム証券取引所は世界で最古の証券取引所だと考えられている。1602年オランダ東インド会社によって、株券債券を売買するために設立された。それは、かつて有価証券を取引するために設立された取引所の名称を変えて証券取引所としたものである。

取引所はアムステルダム市の中心部、ダム広場に近いダムラック通り沿いにある旧館(Beurs van Berlage)と、現在も取引が行われている新館である。

AEX指数[編集]

1978年に設立された欧州オプション取引所(European Option Exchange)が1983年からオランダの上位25社の株価を元に算出しているEOE指数(EOE index)を含む形で、1997年AEX指数(AEX index)が算出されている。この指数は、現在でもユーロネクスト・アムステルダムの株価指数として利用されている。

ユーロネクスト[編集]

2000年9月に、パリ証券取引所、アムステルダム証券取引所、ブリュッセル証券取引所の3つの証券取引所が合併し、ユーロネクストが設立された。この時をもって、単独の証券取引所としてのアムステルダム証券取引所の歴史は終了した。

関連項目[編集]

取引所への交通アクセス[編集]

座標: 北緯52度22分27秒 東経4度53分45秒 / 北緯52.374184度 東経4.895841度 / 52.374184; 4.895841