アナノムジナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アナノムジナ
ジャンル クライムアクション詐欺師
サスペンス
漫画
作者 天野洋一
出版社 集英社
掲載サイト 少年ジャンプ+
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2014年12月6日 - 連載中
巻数 既刊4巻(2016年6月現在)
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

アナノムジナ』は、天野洋一による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2013年37・38合併号に読切版として掲載後、同社の漫画配信サイト『少年ジャンプ+』で2014年12月6日 より本連載が開始。連載版の「序章」は、読切版に加筆修正を加えて2分割した物を配信。その続きとして新規の第1章以降が2014年12月20日より配信され、隔週土曜更新で連載し、2016年5月21日に不定期連載になることが告知された。

詐欺師の少年が仲間と法で裁けない悪を化かしていくクライムアクションおよびサスペンスストーリー。天野にとって5作目の連載作品。タイトルは諺「同じ穴の」より。話数カウントは「Sting.○」で、複数の「Sting」が「章」を構成している。

あらすじ[編集]

男子高校生の佐滝匡は幼いころに妖怪・狢から『人を騙す能力』と『人を騙さずにはいられない衝動』を授かり、それ以来詐欺師として生きてきた。3年前、警官の神月からの勧めで「法で裁けない悪」を懲らしめるためにその能力を用いるようになる。そして巣穴(ネスト)と呼ばれる隠れ家で、佐滝が助けた少女・朝日奈良子、天才ハッカー・猯、情報屋クオンの愛犬・トビー号と共に、人々からの依頼を受けてさまざまな悪党たちを「化かし」ていく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

佐滝 匡(さたき ただし) / 狢(ムジナ)
本作の主人公。16歳の男子高校生。「」と呼ばれる天才詐欺師。猯からは「ムーちん」と呼ばれている。
幼いころに親を亡くし、補助金目当ての悪徳孤児院で育った。あるから人を騙す能力を授かり、孤児院の職員を騙して逃げ出す。3年前に警部の神月から助けられて以降は、法で裁けない悪を対象に詐欺を行うようになる。
狢に能力を授けられてから、詐欺をしなければ生きられない体質になる。そのため、朝日奈たちと隠れ家「巣穴(ネスト)」で詐欺グループを営む。詐欺の対象は前述のように「法で裁けない悪」であり、客からの依頼を受けて悪を懲らしめるために詐欺を行う。詐欺被害者が口をそろえて「化かされた」と言うため、「狢」のあだ名がついた。しかし、本人は極度の小心者で、詐欺師であることについて罪悪感を持っており、時々落ち込んでしまう。眠るとの姿になる。
朝日奈 良子(あさひな りょうこ)
本作のヒロイン。佐滝の助手で同級生。16歳の女子高校生。
眼鏡をかけている。クラスの委員長を務めている。父親は同僚の科学者に罪をかぶせられた上に殺されたが、佐滝によって名誉が回復される。それ以降、佐滝の助手として雑用をするようになる。
美久・C・マーマレード(みく クリスティーナ - ) / 猯(マミ)
佐滝の助手。天才ハッカー兼メカニックな9歳の少女。眼帯と手袋がトレードマークになっている。
普段は冷めた性格をした浮世離れの少女で過ごしている。非常に頭脳明晰らしく、教科書を丸暗記していたり16カ国語をマスターしている(本人談)らしい。
トビー号(トビーごう)
佐滝の助けをする犬。犬種はダルメシアン。ゴーグルをかけている。
飼い主はクオンという情報屋(正体は神月)で、トビー号の首についているスピーカー越しに会話している。
神月 絢人(かみつき けんと) / クオン
31歳の男性警官。階級は警部。所属は捜査二課。佐滝たちの影の協力者。
3年前、佐滝に「法で裁けない悪」を騙すように勧めた。立場上佐滝たちと頻繁に合うことが難しいため、普段は愛犬トビー号の首輪についているスピーカーを通じて「情報屋の『クオン』」として彼らと会話し、協力している。
鮫島 丈(さめじま じょう)
21歳男性。犯人と目されていたが、狢の活躍と本人の協力により容疑を解かれる。
この一件で本当にやりたかったことに目覚めたと言い、狢に頼み込んで巣穴(ネスト)の一員になり、狢を「狢のダンナ」猯を「マミの姉御」と呼び慕っている。朝比奈良子に一目惚れしたらしい。

警察関係者[編集]

瞬日 由宇(またたび ゆう)
男性警官。階級不明。神月と同じ捜査二課へ配属されたばかりの新人警官。神月と組んで捜査している。
神月を「神月警部」と呼び、神月からは「由宇」と呼ばれている。
食い意地をはっており、さまざまな物を頬張っていることが多い。
寺さん(フルネーム不明)
古株の男性警官。階級不明。神月と同じ捜査二課所属。神月を何かと心配し、面倒を見ている。
神月、瞬日と共に行動していることが多い。
猿魔 薫(えんま かおる)
男性警官。階級は警視。所属は警視庁公安部管理官
閻魔帳と呼ばれる黒い手帳を所持し、将来潰す予定の気に入らない人間の名前がビッシリと書き込まれているらしい。
出会い頭に神月の捜査姿勢を公然と批判し、神月も露骨な嫌味で返していることから犬猿の仲と見られる。

各事件及び編毎の登場人物[編集]

担当編集者[編集]

  1. 大西[1]
  2. 内藤 - 2015年6月時点[2]

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

以下の出典は『集英社の本』内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ アナノムジナ 1”. 2015年4月3日閲覧。
  2. ^ アナノムジナ 2”. 2015年8月4日閲覧。
  3. ^ アナノムジナ 3”. 2016年2月4日閲覧。
  4. ^ アナノムジナ 4”. 2016年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]