ぼくとママの黄色い自転車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくとママの黄色い自転車
監督 河野圭太
脚本 今井雅子
原作 新堂冬樹『僕の行く道』
出演者 武井証
阿部サダヲ
鈴木京香
音楽 渡辺俊幸
主題歌 さだまさし「抱きしめて」
撮影 伊藤清一
編集 深沢佳文
製作会社 「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会
配給 ティ・ジョイ
公開 日本の旗 2009年8月22日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ぼくとママの黄色い自転車』(ぼくとママのきいろいじてんしゃ)は、2008年(平成20年)製作、2009年(平成21年)8月22日公開[1]日本映画である。ロケ地は小豆島ほかである。

概要・略歴[編集]

2008年(平成20年)7月12日 - 19日香川県の小豆島でロケーション撮影を行い、19日の夜に同県の県庁所在地高松市内のホテルで、河野圭太監督、夫婦を演じる鈴木京香阿部サダヲが記者会見を行なった[2]。小豆島でのロケ地は、小豆島オリーブ公園寒霞渓銚子渓銀波浦エンジェルロードなど約10か所で行われた。同年8月中旬にクランクアップした[3]。主人公一家の住居は、阿部の演じる父親が建築家の設定のため、横浜市内にある増田政一設計による個人宅で行われた[4]

主人公の少年を演じる武井証は、『いま、会いにゆきます』の映画版(監督土井裕泰、2004年)、テレビドラマ版(演出平野俊一ほか、2005年)の両方で主人公夫妻の一人息子という同じ役を演じて注目され、特撮テレビドラマ『仮面ライダーディケイド』(2009年)の第28話・第29話での岡村マサヒコ役や、映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(監督山崎貴、2009年)にも出演、野原しんのすけに相当する川上真一役を演じている。

阿部サダヲは、ハリウッドチャンネルのインタビューに答え、実生活でも夫であり父である阿部は、家族の話や父親役をやりたいと考えていた時期に、父親役のオファーを受けたことがうれしかった、とのとの旨のコメントをしている[5]。鈴木京香は、産経新聞のインタビューに答え、本作の役柄については、『アイリス』(監督リチャード・エアー、2001年)が好きであることもあり、実例についてリサーチをして取り組んだが、なによりも大切なのは「子を思う母の気持ち」だと思って演じた、との旨のコメントをしている[6]

少年と旅をする犬のアンは、ジャック・ラッセル・テリアである[7]

2009年(平成21年)3月15日、小豆島・土庄町中央公民館での「オリーブ百年祭」閉会式後に、同地での披露試写会が行われた[8]。同年6月10日、主題歌「抱きしめて」を収録したさだまさしのオリジナルアルバム『美しい朝』がリリースされ、オリコンチャート初登場で第9位(2009年6月第3週)にランクインした。

同年8月22日、東京・新宿の新宿バルト9ほかで全国公開された。芸術文化振興基金助成事業、文部科学省選定(少年向、家庭向)[1]、東京都青少年健全育成審議会推奨[9]作品である。

本編のDVDが2010年1月21日発売。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

あらすじ[編集]

大志は、父と2人暮らしの小学3年生。物心ついたころから母が「留学でパリのデザイン学校に通っている」と聞かされて育ってきた。そんな母との絆は、週1度のパリからの手紙でのやりとりと、黄色い自転車のみ。しかし、ある日のふとしたことから手にした写真から、パリにいるはずの母が瀬戸内海に浮かぶ離島・小豆島にいるかもしれないと思うようになる。大志は父には内緒で、黄色い自転車に乗り、愛犬のアンと共に小豆島を目指して旅立つ[1]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

[編集]

  1. ^ a b c #外部リンクの公式サイトの記述を参照。
  2. ^ 山陽新聞公式サイト内の記事「小豆島ロケ映画「ぼくとママの黄色い自転車」 監督ら高松で会見」(2008年7月21日)の記述を参照。
  3. ^ 山陽新聞公式サイト内の記事「映画「ぼくとママの黄色い自転車」 小豆島名所でロケ」(2008年7月16日)の記述を参照。
  4. ^ 映画 ぼくとママの黄色い自転車」、2009年5月17日付。
  5. ^ ハリウッドチャンネル公式サイト内の記事「「ぼくとママの黄色い自転車」で父親役を好演した阿部サダヲにインタビュー」、2009年8月19日付。
  6. ^ 産経新聞公式サイト内の記事「映画「ぼくとママの黄色い自転車」 熱演の鈴木京香語る」、2009年8月21日付。
  7. ^ 宮忠臣『いつもとなりに犬がいた』(#関連書籍)の記述を参照。
  8. ^ 土庄町公式サイト内の「まちのカレンダー(3月)」の記事(2009年3月13日閲覧)を参照。
  9. ^ 東京都公式サイト内の記事「第591回東京都青少年健全育成審議会の答申について」、平成21年(2009年)8月11日付。

外部リンク[編集]