ギャングスタ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャングスタ
監督 川野浩司
脚本 蒲田幸成
原作 新堂冬樹「ギャングスタ」(徳間文庫刊)
製作 ギャングスタ製作委員会(ポニーキャニオン、Thanks Lab.)
出演者 崎本大海久保田悠来
主題歌 三人サイトー『今だけ人生ロックンロール』
配給 Thanks Lab.
公開 2011年2月12日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ギャングスタ』は、2011年2月12日公開の日本映画

概要[編集]

新堂冬樹の小説『ギャングスタ』の実写映画化。「ギャングスタ」とは、明王工業という不良高校を制したものに与えられる伝説の称号。アクションシーンや仲間を守るために闘う男たちの熱い友情物語が描かれている。監督は川野浩司。ケンカの弱いヤンキー・銀二役を崎本大海が、女好きだがケンカが強い白石力役を久保田悠来が演じた。他に、佐々木喜英滝口幸広が出演。

2011年2月12日から3月4日までシネマート六本木(東京)、3月19日から4月1日までシネ・ヌーヴォ(大阪)、3月26日から4月1日までMOVIE ON やまがた(山形)、4月9日から4月15日までテアトルサンク(福井)でそれぞれ公開された。

ストーリー[編集]

中学時代、不良グループのパシリだった銀二は男を上げようと天下のヤンキー高校・明王工業に入学する。気合いたっぷりに登校した銀二は、同じ新入生のイケメンチャラ男、白石力と出会い、力を“ギャングスタ”に仕立て上げようとする。ギャングスタの座を狙う、四天王のサクラザカ、銀二達と同じ1年生で四天王に最も近い男、赤星という強敵や、“明王狩り”と称し、四天王候補を潰しにかかる第一高専と闘っていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 新堂冬樹(「ギャングスタ」徳間文庫刊)
  • プロデューサー - 片山 剛
  • 企画 - 菊地浩二
  • 監督 - 川野浩司
  • 脚本 - 蒲田幸成
  • 撮影 - 田宮健彦
  • 録音 - 島津未来介
  • 助監督 - 小南敏也
  • 制作担当 - 柏田藤子
  • 衣装 - 吉田実穂
  • ヘアメイク - 鰕澤真由美
  • スチール - 内 順一
  • メイキング - 浅木 大
  • 製作 - ギャングスタ製作委員会(ポニーキャニオン、Thanks Lab.)
  • 制作・配給協力 - アフロディーテ
  • 配給 - Thanks Lab.
  • 宣伝 - ユナイテッド エンタテインメント

主題歌[編集]

  • 『今だけ人生ロックンロール』三人サイトー
作詞・作曲 - 三人サイトー

DVD[編集]

2011年6月15日に特別版と通常版の2種類発売。レンタル同日開始。

  • 特別版
    • 2枚組DVD 本編86分 + 特典ディスク60分
    • 特典ディスク内容:メイキング、初日舞台挨拶他収録
  • 通常盤
    • 1枚組DVD 本編86分

脚注[編集]

外部リンク[編集]