SWV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SWV
基本情報
別名 Sisters with Voices
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル R&B
活動期間 1990年 – 1998年
2005年 –
レーベル RCA、Mass Appeal Entertainment/E1 Music
共同作業者 テディー・ライリー、ブライアン・アレキサンダー・モーガン、アレン・"オールスター"・ゴードンJr
公式サイト therealswv.com
メンバー
ココ(Cheryl "Coko" Clemons)
タージ(Tamara "Taj" Johnson-George)
リリー(Leanne "Lelee" Lyons)

SWV(エスダブリュヴイ、Sisters with Voices、シスターズ・ウィズ・ヴォイセス)はアメリカニューヨーク出身の女性3人組R&Bグループ。1990年に結成された、90年代を代表する女性ヴォーカル・グループで[1]、「ウィーク」、「ライト・ヒア/ヒューマン・ネイチャー」、「アイム・ソー・イントゥ・ユー」、「ユーアー・ザ・ワン」などヒット曲がある。1998年、ソロプロジェクトに専念するためとして一時解散したが、2005年に再結成した。米ウェブサイト "Rock on the Net" が選ぶ "Top 500 Pop Artists of the Past 25 Years(過去25年のトップ500アーティスト)"では100位にランクされている[2]

キャリア[編集]

デビュー[編集]

SWV(エスダブリュヴイ[3] = Sisters With Voices の頭文字)は、シェリル・ギャンブル(Cheryl Gamble、ココ)、タマラ・ジョンソン(Tamara Johnson、タージ)、リアン・ライオンズ(Leanne Lyons、リリー)の3人によって結成された[4]。3人は5曲入りのデモテープを作成していくつかのレコード会社に送り、1992年にRCAレコードと契約、デモテープを聴いたガイテディ・ライリーがプロデューサーをつとめるアルバムが制作されることになった。

1992年 - 1995年:『イッツ・アバウト・タイム』、『エニシング+リミクシーズ』[編集]

1992年10月27日にRCAレコードから発売されたデビューアルバム『イッツ・アバウト・タイム(It's about time)』は300万枚以上のセールスを記録し、RIAAからトリプル・プラチナに認定された[5][6]。ファーストシングル「ライト・ヒア」は1992年秋にリリースされ、R&Bチャートで16位になった。セカンドシングル「アイム・ソー・イントゥ・ユー」はR&Bチャートで2位、ビルボード・ホット100では6位であった。サードシングル「ウィーク」は、R&B、ホット100両チャートで1位を獲得、フォースシングルでリミックスとしては初のシングルとなる「ライトヒア/ヒューマン・ネイチャー」は、マイケル・ジャクソンのヒット曲「ヒューマン・ネイチャー」をサンプリングした曲で、R&Bチャートで1位、ホット100では2位となった。その後「ダウンタウン」(2位)、「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」(8位)などがR&Bチャート・トップ10入りしている[5]。アルバム『イッツ・アバウト・タイム』自体はUSビルボード200で最高8位であった。

デビューアルバムの成功をうけ、SWVは1994年の映画『Above the Rim(邦題:ビート・オブ・ダンク)』のサントラにも参加、同アルバムからのシングル「エニシング」はR&Bトップテン入りを果たし、1994年春のホット100でも18位となった。この「エニシング」を含む同年のミニアルバム『エニシング+リミクシーズ(The Remixes)』は1994年末までに50万枚以上のセールスを記録しゴールドディスクに認定された[6]。1995年夏、3人はテディ・ライリーの新たなグループ・ブラックストリートの「トゥナイト・イズ・ザ・ナイト」に客演し、同曲はR&Bチャートトップ40入りしている。

1996年 - 1997年:『ニュー・ビギニング』、『リリース・サム・テンション』、『スペシャル・クリスマス』[編集]

1996年のセカンドアルバム『ニュー・ビギニング』からのファーストシングル「ユー・アー・ザ・ワン」は、SWVの代表曲のひとつで、ビルボード・ホット100で最高5位、R&Bチャートでは1位となった。セカンドシングル「ユーズ・ユア・ハート」は、音楽プロデュースグループザ・ネプチューンズのデビュー曲でもあり、ホット100で22位、R&Bチャートで6位であった。同アルバムからの最後のシングルカット「イッツ・オール・アバウト・ユー」ではココではなくタージがリードボーカルをつとめた。アルバムは米国だけで100万枚以上のセールスを売上げプラチナディスクとなった[6]。また1995年にリリースされた同名映画のサントラ『ため息つかせて:オリジナルサウンドトラック(Waiting to Exhale: Original Soundtrack Album)』には「オール・ナイト・ロング」が収録されている。

サードアルバム『リリース・サム・テンション』は翌1997年に発売され、ゲストにE-40、P・ディディミッシー・エリオットフォクシー・ブラウン、リル・シーズ、リル・キムスヌープ・ドッグレッドマンらが参加している。このアルバムからはジャコ・パストリアスの名曲「ポートレイト・オブ・トレイシー(Portrait of Tracy)」をサンプリングした「レイン」の他、「サムワン」、「キャン・ウィー」(ジェイミー・フォックス主演映画『Booty Call(邦題:ダブル・デート)』のサウンドトラックに収録されていた)がシングルカットされた。「サムワン」は、ノトーリアス・B.I.G.の「Ten Crack Commandment's」とレス・マッキャン英語版の「Valantra」をサンプリングし、大物プロデューサー・パフ・ダディのプロデュースした曲だったがビルボード・チャートでは19位止まりだった。「ホエン・ユー・クライ」はタイロン・デイビス英語版の「In the Mood」をサンプリングした曲である。アルバム『リリース・サム・テンション』は米国だけで50万枚以上のセールスを記録しゴールドディスクとなった[6]。同年11月にはカバー曲だけでなくオリジナル曲も収録されたクリスマス・アルバム『スペシャル・クリスマス』をリリースした。同アルバムは1998年解散前の最後のアルバムであり、リードヴォーカルのココは1999年にシングルアルバムを発表している。

1998年 - 2007年:解散と再結成[編集]

SWVは1998年に一度解散し、各メンバーは個々の道を歩むことになる。SWV解散後、ココはRCAからソロアルバム『ホット・ココ(Hot Coko)』を1999年8月にリリースし、息子ジャズ(Jazz)に捧げたファーストシングル「サンシャイン」は99年夏のR&Bチャートトップ40位入りしている。だがアルバムもシングルもSWVで成し遂げたような成功を収めるにはいたらなかった。2001年はじめ、ココはソロとしてのセカンドアルバム『ミュージック・ドール』の作成に取り掛かっていたが、RCAがブラック・ミュージック部門を閉鎖したため同アルバムはお蔵入りとなった。それからのココは家族に目を向けるようになり、やがてイスラエル・アンド・ニューブリードのドラマー、マイク・"ビッグ・マイク"・クレモンズと結婚した。このビッグ・マイクはココの2人目の息子ジェイロンの父親でもある。2001年、ココとココの母親クライド・"Lady Tibba"・ギャンブル(Clyde "Lady Tibba" Gamble)の歌ったエリック・クラプトンの「ティアーズ・イン・ヘヴン」のリメイク曲がアルバム『Rhythm and Spirit: "Love Can Build a Bridge"』に収録された。このアルバムにはジェニファー・ホリディ、パティ・ラベル、トラメイン・ホーキンズらが参加している。ココは、2002年にはブレント・ジョーンズ&T.P.モブのシングル曲「midnite」にも参加しており、2003年ユースフル・プライズのゴスペルアルバム『Thank you for the Change』の「Up There」リードボーカルを歌った。

ココのゴスペルアルバム『グレイトフル』は米国で2006年10月31日にリリースされ[7]、ビルボード・トップインデペンデントアルバムチャートで5位につけた[8]。このアルバムにはクラーク・シスターズの「エンドウ・ミー」をフェイス・エヴァンス、ファンテイジア、リル・モーと共に歌った曲も収録されている[9]。フェイス・エヴァンス抜きの別バージョン「エンドウ・ミー」はブラック・エンターテインメント・テレビジョンの『Celebration of Gospel '07'』という番組で披露された。ウォールマートでのみ発売された『グレイトフル』のスペシャルバージョンには「アイ・ウィッシュ」とココがリードボーカルをつとめるブレント・ジョーンズの「ミッドナイト」の2曲のボーナストラックが収録されている。またココはシェリー・シェパード、スター・ジョーンズ、ヴァネッサ・ウィリアムスらと共に舞台『ヴァギナ・モノローグス』にも出演した[10]。2008年、ビルボード・ライブ・ツアーで来日したココは、ソロのヒット曲「サンシャイン」、「クラップ・ユア・ハンズ」の他、SWVの曲「ライト・ヒア/ヒューマン・ネイチャー」などを披露した。

2005年夏、再結成ツアーでのタージ(左)とリリー

SWVが1997年に解散した後、タージはフォード・モデル・エージェンシー英語版と2年間の契約を結んだ。この契約が終わったころ、1994年にショッピングモールで出会ったNFLテネシー・タイタンズの選手(当時)エディ・ジョージと交際をはじめた[11]。タージは2000年に刊行された文集『Souls of My Sisters: Black Women Break Their Silence, Tell Their Stories and Heal Their Spirits』に寄稿、2002年にはナッシュビルベルモント大学に入学し、2004年5月ビジネス管理の学士号を取得した[12]。翌月、タージはエディ・ジョージと結婚しニュージャージー州ロックリーで式を挙げた。2005年には息子エリック・マイケル(Eric Michael)が生まれたが[13]、困難な妊娠だったようであり、妊娠初めの5ヶ月はベッドに寝た切りであったという[14]。なおエディには前妻との間に息子 Jaire David がいるが、タージは Jaire は「自分の長男」だとしている[15]、またタージはココの長男 Jazz の名付け親でもある[16]。 2007年には友人カトリーナ・チェンバーズと共に書籍『Player hateHER: How to Avoid the Beat Down and Live in a Drama-Free World'』を出版した。同年夫エディと共にTV番組「I Married a Baller」に出演した。この番組は5週間にわたってタージとエディの結婚生活に密着しタージの妊娠太り解消などの内容を9回に分けて放送したもので[17]、SWVメンバーも番組テーマソングを歌うなどして出演した。またエディの非営利活動「Visions with Infinite Possibilities」も番組で取り上げられた。タージは2009年2月に人気TV番組『サバイバー』にも出演している。

2005年、SWVは再結成しニューアルバムを翌年発表する計画であると報じられた[5]。2008年6月24日には、2008年のBETアワードに特別出演しアリシア・キーズと共に「ウィーク」を歌った。2010年2月2日、「ザ・モニーク・ショー」に出演しココとリリーのリードボーカルでパティ・ラベルの「イフ・オンリー・ユー・ニュー(If Only You Knew)」を歌った。

2011年 - 現在:『アイ・ミスト・アス(I Missed Us)』[編集]

2011年、SWVはMass Appeal EntertainmentおよびE1 Musicとレコーディング契約を交わしたことを発表した[18]。2011年6月10日には、クリス・ブラウンが「ライト・ヒア/ヒューマンネイチャー」をリメイクした曲「シー・エイント・ユー」のリミックスに客演した。2011年12月15日にはシングル「コーサイン(Co-sign)」をiTunesでリリース[19][20]、2012年4月17日には15年振りのアルバム『アイ・ミスト・アス』がeOne Music および Mass Appeal Entertainment から発売された[21]

メンバー[編集]

  • シェリル・"ココ"・クレモンズ(Cheryl "Coko" Clemons) - 1970年6月13日生まれ。ニューヨーク州ニューヨーク出身
  • タマラ・"タージ"・ジョンソン=ジョージ(Tamara "Taj" Johnson-George) - 1971年4月29日生まれ。ニューヨーク州ブルックリン出身
  • リアン・"リリー"・ライオンズ(Leanne "Lelee" Lyons) - 1973年7月17日生まれ。ニューヨーク州ニューヨーク出身

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

リミックスアルバム[編集]

  • 1994年: 『エニシング+リミクシーズ』(The Remixes

コンピレーションアルバム[編集]

ツアー[編集]

受賞歴[編集]

結果 カテゴリー
1993 ノミネート アメリカン・ミュージック・アワード Favorite New Artist - Pop/Rock
1993 ノミネート Favorite Band, Duo or Group - Soul/Rhythm & Blues
1993 ノミネート Favorite Album - Soul/Rhythm & Blues for It's About Time
1993 ノミネート Favorite New Artist - Soul / Rhythm & Blues
1993 受賞 キッズ・チョイス・アワード Female Group Of The Decade
1993 受賞 ビルボード・ミュージック・アワード Top Hot 100 Singles Artists - Duos/Group
1993 受賞 Top R&B Artists - Duos/Group
1993 受賞 Top R&B Singles Artists - Duos/Group
1993 受賞 Top Pop Artists - Duo/Group
1993 受賞 Top New Pop Artist
1993 受賞 Top Hot 100 Singles Artist
1993 受賞 Top Hot 100 Airplay Track for "Weak"
1993 受賞 Top R&B Artist
1993 ノミネート Top New R&B Artist
1993 ノミネート Top R&B Album Artists - Duos/Group
1993 ノミネート Top R&B Singles Artist
1994 ノミネート Top R&B Singles Artists - Duos/Group
1994 ノミネート Top R&B Artists - Duos/Group
1997 ノミネート ソウル・トレイン・レディ・フォー・ソウル賞 Best R&B Soul single by a Group, Band, or Duo
1997 ノミネート ソウル・トレイン・レディ・フォー・ソウル賞 Best Soul/R&B album by a Group, Band or Duo
1998 ノミネート ソウル・トレイン・レディ・フォー・ソウル賞 Best Soul/R&B album by a Group, Band or Duo
1998 ノミネート ソウル・トレイン・レディ・フォー・ソウル賞 Best Soul/R&B single by a Group, Band or Duo
1994 ノミネート グラミー賞 最優秀新人賞

脚注[編集]

  1. ^ SWV Online”. 2012年5月14日閲覧。
  2. ^ Top Pop Artists of the Past 25 Years: 51-100”. Rockonthenet.com. 2012年5月14日閲覧。
  3. ^ Swv (エスダブリュヴイ)”. HMV Online. 2013年5月22日閲覧。
  4. ^ All about Leanne "Lelee" Lyons”. 2012年5月14日閲覧。 “With her love for singing, and sparse support from her family as motivation, Lelee's desires to put together a group were fueled. Lelee was initially responsible for putting SWV together, but success did not come easily.”
  5. ^ a b c SWV Biography”. mtv.com. 2008年8月1日閲覧。
  6. ^ a b c d RIAA -SEARCH RESULT FOR "S.W.V."”. RIAA. 2012年5月14日閲覧。
  7. ^ Interview with Coko: A New Beginning”. GospelFlava.com. 2012年5月14日閲覧。
  8. ^ Coko Debuts At #5 On Billboard Chart”. GospelCity.com (2006年11月8日). 2012年5月14日閲覧。
  9. ^ Bonner, Gerald. “Grateful Album Review”. GospelFlava.com. 2012年5月14日閲覧。
  10. ^ Sherri Shepherd & Star Jones: Together For 'Vagina Monologues'”. HuffPost BlackVoices (2008年1月7日). 2012年5月14日閲覧。
  11. ^ Eddie George’s Wife Tamara “Taj” Johnson”. ballerwives.com (2012年3月7日). 2012年5月15日閲覧。
  12. ^ SWV's Tamara "Taj" Johnson”. HHNLive.com. 2012年2月17日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ Taj Gives Birth!”. SWV Online. 2012年5月14日閲覧。
  14. ^ The Longest Yard”. The Nashville News (2005年3月17日). 2012年5月14日閲覧。
  15. ^ episode #3 ("Road Trippin'"). I Married a Baller. "I got my sons with me...my youngest is hyped. He's ready and excited, and my oldest is just excited to be on a bus." 
  16. ^ Coko Talks About SWV Breakup”. Yahoo! Music (1999年7月21日). 2012年5月14日閲覧。
  17. ^ episode #7 ("California Dreamin'"). I Married a Baller. "I'm still trying to get my little 17-month-old son's weight off!" 
  18. ^ SWV、新レーベルと契約し14年ぶりに新作発表へ”. bmr (2011年5月23日). 2012年5月15日閲覧。
  19. ^ "Co-SIGN" is officially live NOW on iTunes”. 2012年5月14日閲覧。
  20. ^ "I Missed Us" on iTunes”. 2012年5月14日閲覧。
  21. ^ SWV to Release I Missed Us”. Amazon.com (2012年2月21日). 2012年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]