ブラックストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・ストリート
基本情報
出身地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州, ニューヨーク
ジャンル ニュージャックスウィング, HIP HOP, R&B
活動期間 1991–現在

{{{Influences}}}

ブラックストリート(英:Blackstreet)は1991年にテディ・ライリーとチャウンシー・ハンニバルを中心として結成されたアメリカ出身のR&Bグループである。C.Blackの別名でも知られる。

メンバー[編集]

ガイを解散させたテディー・ライリーは、彼自身をフューチャーした新たなバンドを着想し、「 ストーンストリート」という最初の名前を経て、結成時のメンバーのニックネームにちなみ「ブラックストリート」という名前に決定した。 結成当時のメンバーは、テディ・ライリーをフューチャーする形で、加えてチャウンシー・ハンニバル、リーバイ・リトル、ジョセフ・ストーンストリートの3人であったが、ストーンストリートはバンドの最初のアルバムが発売される前にデイヴ・ホリスターと交代している。

キャリアー[編集]

彼らの最初のシングル「Baby Be Mine」は、ユニバーサル・ピクチャーズの『CB4』というコメディ映画のサウンドトラックとして、 1993年に発売された。この曲はストーンストリートがリードをとり、ライリーはプロデュースと、ストーンストリートとの共同での作曲を行った。 しかし、ストーンストリートはこのシングルの発売から間もこのグループを去ることになり、その後釜として、ホリスターが加わることとなった。

彼らのデビューアルバム「Blackstreet」はプラチナディスクを獲得する成功を得て、同様に、このアルバムからシングルカットされた「Booti Call」や「Before I Let You Go」、「Joy」のうち2曲がトップ40に入るヒット、中でも「Before I Let You Go」はトップ10入りの成功を収めた。

続く1996年のアルバム「Another Level」は、ドクター・ドレーと共演した"No Diggity"がビルボードホット100で同年の11月にナンバー1ヒットになるなど、更なる成功を打ち立て、同様にこのアルバムからシングルカットされた"Don't Leave Me"もトップ40に入るヒットを記録、そして1998年のグラミー賞においてデュオ・グループによる最優秀R&Bパフォーマンスの表彰を受けた。 結果としてこのアルバムは、アメリカ国内において4つのプラチナディスク(=400万枚以上のセールス)を獲得し、ビルボードにおけるチャートでも最高で3位にまで達した。

「Another Level」の成功は、他にもグループにさまざまな機会をもたらし、ジェイ・Zの「The City Is Mine」や、ニュー・エディションの1997年の再結成ツアーの客演という機会を彼らに与えた。

彼らの3枚目のアルバム「Finally」からのシングル「Girlfriend/Boyfriend」では、ジャネット・ジャクソンとのコラボレーション、および、ジャ・ルールイヴをフューチャーし、アメリカ国内よりもイギリス、カナダ、日本などでヒットした。そして、このアルバム自体もアメリカのビルボード200で10位内に入る大ヒットとなった。

しかし、1999年ころになるとメンバー間の不和が徐々に表面化し、それがアルバムのセールスにも響き、結果としてクループは空中分解してしまった。

その後[編集]

テディー・ライリーは2000年にガイのメンバーも含めて再結成アルバムのレコーディングを行い、それに続いて彼自身のソロアルバムのための作業に取り掛かった。そんな中で、ライリーは険悪になっていたハンニバル、ミドルトン、ウィリアムスとの関係を修繕するよう考えを改め、それにより、彼らがグループに復帰し、結果としてライリーのソロアルバムの計画は、ブラックストリートの再結成へと変化していった。 法的な問題に対するさまざまな噂が飛び交う中で、再結成されたブラックストリートとして2003年にアルバム「Level Ⅱ」を発表した。

その後、この再結成は長くは続かず、それぞれが再びソロのキャリアーに進んでいった。しかし、2013年にライリーとホリスターが新たなメンバーを加え、それにより名前もBS2と改めて、あらたに活動を始めることとなった。

過去に在籍経験のある者[編集]

  • テディ・ライリー (Teddy Riley)
  • チャウンシー・ハンニバル(en:Chauncey Hannibal)
  • デイヴ・ホリスター (Dave Hollister)
  • ジョセフ・ストーンストリート (Joseph Stonestreet)
  • リーバイ・リトル (Levi Little)
  • マーク・ミドルトン (en:Mark Middleton)
  • エリック・ウィリアムス (Eric Williams)
  • ティレル・フィリップス (Terrell Phillips) アルバム"Finally"に参加
  • カーミット・クイン (Kermit Quinn) ライブでのパフォーマンスのみ。アルバム未参加。

ディスコグラフィ[編集]

  • Blackstreet (1994)
  • Another Level (1996)
  • Finally (1999)
  • Level II (2003)
  • The Very Best of Blackstreet (2003)

参照[編集]