Ratpoison

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ratpoison
Ratpoison ロゴ
Ratpoison-screenshot.png
Ratpoisonのスクリーンショット
開発元 Shawn Betts
最新版 1.4.6 / 2013年04月7日(12か月前) (2013-04-07
プログラミング言語 C
対応OS Unix系
種別 ウィンドウマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト www.nongnu.org/ratpoison
テンプレートを表示

Ratpoisonは、X Window System上で動作するタイル型ウィンドウマネージャ。Shawn Bettsによって開発された。そのユーザインタフェースおよび機能の多くはGNU Screenの影響を受けている。「Ratpoison」(殺鼠剤)という名前は、それがユーザにマウスネズミ、すなわちRat[1])を使うことなくウインドウを管理させるということからきている。

Ratpoisonの後継としてStumpwmが開発された。BettsはRatpoisonが次第に肥大化してきたとし、主としてCommon Lispでその機能を再実装することを決断した[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SCWM, Pot and the GPLFrom: Craig Brozefsky - Newsgroups: comp.os.linux.advocacy,gnu.misc.discuss - 1999-06-27
  2. ^ "StumpWM grew out of the authors' frustration with writing ratpoison in C. Very quickly we realized we were building into ratpoison lispy-emacs style paradigms. We had a REPL hanging off 'C-t :', hooks, and a growing subset of Common Lisp in the implementation ... It was clear what we really wanted was a window manager written in Lisp from the ground up with lots of room for customizing and real-time hacking." "Background" from the Stumpwm wiki

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、[{{localurl:Commons:Category:{{{1}}}|uselang=ja}} Ratpoison]に関するカテゴリがあります。