Motif (GUI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Open Motif
Plan Open Motif screenshot.png
Open Motifのスクリーンショット
開発元 The Open Group
最新版 2.3.4 / 2012年10月6日(22か月前) (2012-10-06
プログラミング言語 C言語
対応OS Linux · Solaris
対応言語 多言語
サポート状況 開発中
種別 ウィジェット・ツールキット
ライセンス LGPL v2.1
公式サイト http://motif.ics.com/
テンプレートを表示

Motif(モチーフ)は、X Window Systemでの操作手順、見栄え(ルック・アンド・フィール)などを統一しようというグラフィカルユーザインタフェース (GUI) 規格のひとつ。Open Software Foundation (OSF) によって定められ、正式にはOSF/Motifという。 1989年に最初のバージョンがリリースされた。なお現在の管理団体はThe Open Groupである。

この規格に沿ってプログラムを開発するためのウィジェット・ツールキットのことをMotifツールキットという。このツールキットのことをMotifと呼ぶ場合もある。 IEEE 1295 [注 1]として規格化されている。

Motifを実装したウィンドウマネージャとしてMotif Window Managerがありmwmというコマンドで起動する。mwmにより各アプリケーションウィンドウの外側にMotifの規定に従った枠やボタンが付けられる。ウインドウの枠はリサイズ・ハンドルといい、それを使っての拡大、縮小などの操作ができる。左上のボタンはメニューボタン、右上にはアイコン化ボタンと最大化ボタンが並んでいる。ボタンの間を埋める部分はタイトルバーといい、文字通りタイトルの表示とウィンドウの移動機能を持つ。これらの機能や配置はMicrosoft Windows 3.xに似ており、それに立体的な表現を付加したものとなっている。 ポインティングデバイスとしては3ボタンマウスが使われることが多いがこれはMotif固有ではなくX Window Systemの主なプラットフォームとして使われてきたエンジニアリングワークステーションにおいて一般的であったためである。

mwmにパネルや専用のツールなどの機能を加えデスクトップ環境としたものにヒューレット・パッカードが開発した、HP-VUE (Visual User Environment) がある。さらにそれを元に複数のベンダーでの共通規格としたものをCommon Desktop Environment (CDE) という。

Open Motif[編集]

Open Motif(非公式だが空白を除いた OpenMotif という記述も多い)は、The Open Groupが Motifツールキットのソースコードをリリースしたものである。プロプライエタリなシェアードソースライセンスで提供され、オープンソースプラットフォーム上であれば、ロイヤルティーフリーで配布可能である。この点がロイヤルティーが必要だったMotifと異なる。

オープンソースプラットフォーム上で、Motifツールキットに依存しているアプリケーションを利用可能にするためにリリースされた。

2000年5月、バージョン2.1.30がOpen Motifとしてリリースされた。現在ではOpen Motif 2.2.3が多くのLinuxディストリビューションに採用されている。Open Motif 2.3 が2007年6月にリリースされている。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ IEEE 1295 - IEEE Standard for Information Technology -- X Window System--Modular Toolkit Environment (MTE) (1993年)

外部リンク[編集]