Xsun

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Xsun
開発元 サン・マイクロシステムズ
初版 1993年11月
対応OS Solaris
サポート状況 開発終了
種別 X Window System
テンプレートを表示

Xsunサン・マイクロシステムズによって開発された Solarisに含まれるX Window System (X11) サーバの実装である。X11アプリケーションだけではなく、NeWSSunViewプログラムの表示もサポートする "Xnews" サーバを置き換えるものである。Xsunはこれらのレガシーな環境のサポートを取り除き、Display PostScriptのサポートを追加した。

Xsunは1993年11月にSolaris 2.3の一部として最初にリリースされた。元々X11 Release 5に基づくものであった。Solaris 10に含まれるバージョンはX11R6.6に基づいている。

Solaris 10はXsunとXのオープンソースリファレンス実装であるX11R7ベースのX.Org Serverの両方を含んでいる。"Xorg" サーバはx86システムのサーバで最もよく使われ、XsunサーバーはSPARCシステムに対して最もよく使われるサーバのままである。Solaris 10 8/07になって初めてSPARCに対してXorgがサポートされるようになった。しかし、ドライバのサポートは非常に制限されている[1]OpenSolarisプロジェクトは X サポートの今後の方向性は将来Xorg実装を通したものだと述べた[2]

2011年11月にリリースされた、Oracle Solaris 11をもって、X Windows System の実装は X.Org Server のみとなり、Xsun の開発は終了した。

脚注[編集]

  1. ^ What's New in the Solaris 10 8/07 Release”. Solaris 10 What's New. サン・マイクロシステムズ. 2008年7月23日閲覧。
  2. ^ OpenSolaris Community: X Window System”. 2008年7月23日閲覧。 “"Over time we are working to migrate the existing libraries and clients to build from the newer source base as well for future Solaris releases."”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]