POWER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IBM POWER5

POWER[1](パワー)は、Power Architecture をベースとした、IBMRISCマイクロプロセッサ (CPU) のシリーズである。

当初は32ビットであったが、POWER3 以降は64ビット化された。また派生製品の PowerPC がある。最新版は POWER7 である。

特徴として、比較的低いクロックで性能を発揮できるため、同じ性能ならば消費電力や発熱量を抑えられ、またクロックアップにより更なる性能向上が容易である。このためIBMなどのスーパーコンピュータUNIX ワークステーションオフィスコンピュータなどで使用されている。

歴史[編集]

POWER 系列[編集]

POWER アーキテクチャの祖先として70年代の IBM 801、80年代の IBM RT-PCROMP プロセッサがあるが、POWER という名称が登場したのは1990年POWER1パワー・ワン が最初である。POWER1 は80万個のトランジスタを実装していた。

その後、浮動小数点ユニットとキャッシュが増強された POWER2パワー・ツー1993年に登場し、1998年まで現役を務めた。なお、1997年に世界チェスチャンピオンのガルリ・カスパロフを初めて破って有名になったスーパーコンピュータディープ・ブルー」は、POWER2(ならびにチェス専用プロセッサ)を搭載していた。

1998年に登場した POWER3パワー・スリー は、POWER1PowerPC 両者とで完全な互換性を有する、POWER シリーズ初の完全な64ビットプロセッサである。POWER2POWER3 はともに1500万個のトランジスタを実装した。

2001年に登場した POWER4パワー・フォー は、デュアルコア技術が採用され、1チップでSMPシステムが構築可能となった。0.18ミクロン製造プロセスルールと SOI 技術により、1プロセッサあたり1億7400万個ものトランジスタが実装されている。また、POWER3 と同様に POWER アーキテクチャおよび PowerPC アーキテクチャ双方との互換性が保たれており、POWER4 のコアに VMX を追加したものが PowerPC 970PowerPC G5)のコアとしても使われている。POWER4 の登場によって、Star系列(RS64系列、後述)プロセッサの歴史に幕が下ろされた。

2004年に登場した POWER5パワー・ファイブ は、同時マルチスレッディング(SMT)などの新技術を取り入れたものである。

POWER6パワー・シックス2007年5月21日に発表された。アウト・オブ・オーダー実行機能の一部を削除するかわりに、消費電力をあまり増加させずにクロックを2倍に引き上げ初めて 4 GHz に到達し、その後 5 GHz のプロセッサーが発表されている。VMX、十進浮動小数点演算機能などの技術も取り入れている。消費電力は1スレッドあたり35W。[1]

POWER7パワー・セブン は、2010年2月8日に発表された。POWER7は4、6、8コアの版があり、同時マルチスレッディングにより各コアで最大4つのスレッドを処理し、前身の POWER6 とバイナリ互換を保つ。プロセッサーあたりのコア数は最大で4倍に増え、プロセッサー上に 32MB L3 eDRAM キャッシュを統合しているが、消費電力は POWER6 とほぼ同等である。

RS64系列[編集]

PowerPC アーキテクチャを元に、商用 UNIX システムに必要な整数演算性能に最適化されたプロセッサファミリーがRS64系列である。開発用コードネームは星にちなんだ名前または最後が「star」か、それに似た音で終わる語が選ばれていたため「Starプロセッサ」とも呼ばれる。その名が示すように最初の実装からすべて64ビットであった。

RS641997年発表)、RS64 Ⅱ1998年発表)、RS64 Ⅲ1999年発表)、RS64 Ⅳ2001年発表)がある。RS64 Ⅳ では POWER ファミリのプロセッサとしては初めてハードウェアマルチスレッディング機能を搭載した機種である。

長らくRS/6000シリーズおよびその後継の pSeriesAS/400シリーズおよび後継の iSeries の上位機種のプロセッサとして君臨したが、より高速な POWER4 にその座を譲ることとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 英語「performance optimization with enhanced RISC」に由来

関連項目[編集]