サマンサ・パワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サマンサ・パワー
サマンサ・パワー

サマンサ・パワー(Samantha Power、1970年9月21日 - )は、アイルランド生まれの、アメリカ合衆国のジャーナリスト、作家、ハーバード大学ケネディスクール教授。現在、アメリカ合衆国国連大使。2013年2月までオバマ政権のアメリカ国家安全保障会議多国間問題・人権担当上級部長および大統領上級顧問である。

アイルランド共和国ウォーターフォード州で生まれる。1979年にアメリカ合衆国に移住。ジョージア州アトランタのレイクサイド高校卒業後、イェール大学に進学。1993年から1996年までジャーナリストとしてユーゴスラビア紛争を取材し、「USニューズ&ワールド・レポート」、「ボストン・グローブ」、「エコノミスト」、「ニューリパブリック」などに寄稿する。その後、ハーバード大学ロースクールに進み、1999年に卒業する。2003年、最初の著作「集団人間破壊の時代」がピューリッツァー賞 一般ノンフィクション部門を受賞する。

2005年からバラク・オバマの事務所に外交政策顧問として参加し、2008年に大統領選挙チームにも名を連ねたが、ヒラリー・クリントンを「怪物」と呼んだことから選挙チームを離れた。オバマ当選後、政権移行チームに参加し、国家安全保障会議のメンバーとなった。

2013年、スーザン・ライスの後任として国連大使に就任[1]

著作[編集]

  • "A problem from hell": America and the age of genocide, Basic Books, 2002.
    • 「集団人間破壊の時代: 平和維持活動の現実と市民の役割」星野尚美訳、ミネルヴァ書房、2010年。
  • Chasing the flame: Sergio Vieira de Mello and the fight to save the world, Penguin, 2008.

共編著[編集]

  • Realizing human rights: moving from inspiration to impact, edited by Samantha Power and Graham Allison, Palgrave Macmillan, 2006.

出典[編集]

  1. ^ 「価値観重視、米外交に反映も=人権・人道問題に敏感-新補佐官・大使」時事通信、2013年6月6日
外交職
先代:
スーザン・ライス
アメリカ合衆国国際連合大使
2013 -
次代:
現職