非法人地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

非法人地域(ひほうじんちいき、: unincorporated area)は、アメリカ合衆国カナダオーストラリアなどの国に存在する、市町村などの最小区分の地方自治体に属さない地域である。未法人化地域未編入地域などとも呼ばれる。なお、アメリカ合衆国の海外領土における未編入領域は英語ではよく似た、"unincorporated territory" であるが意味が異なる。

概要[編集]

アメリカ合衆国などにおいては、市町村のような最小区分の地方自治体は住民の総意によって設立される。このため、市町村などが設立されない地域が存在しており、そのような地域は非法人地域と呼ばれる。非法人地域における警察消防などの住民サービスは、通常、より上位の自治体(アメリカ合衆国の場合には、)によって提供される。なお、非法人地域に対して、市町村などが設立された地域は、法人地域(英:incorporated area)と呼ばれる。

以上のとおり、最小区分の地方自治体の設立は住民の意志によって決定されるものであり、人口の大小と直接関連するわけではない。このため、都市化が進んで、市と比しうるような規模のコミュニティであっても、自治体が設立されず非法人地域のままの場合がある。例えば、アメリカ合衆国バージニア州アーリントン郡ワシントンD.C.に隣接し、ペンタゴンアメリカ国防総省本部)やロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港などが所在する都市化の進んだ地域であるが、郡内には市町村がまったくなく、全体が非法人地域のままである。ただし、これは住民の意志というよりも、バージニア州法により人口密度が1000人/mi²を超える郡の中に新たな自治体を設置することができないという事情がある。

関連項目[編集]