パワー郡 (アイダホ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイダホ州パワー郡
パワー郡の位置を示したアイダホ州の地図
郡のアイダホ州内の位置
アイダホ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1913年1月30日
郡名の由来 アメリカンフォールズ発電所
郡庁所在地 アメリカンフォールズ
最大の都市 アメリカンフォールズ
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

3,736 km2 (1,443 mi2)
3,640 km2 (1,406 mi2)
96 km2 (37 mi2), 2.57%
人口
 - (2000年)
 - 密度

7,538人
2人/km2 (5人/mi2)
ウェブサイト www.co.power.id.us

パワー郡(パワーぐん、: Power County)は、アメリカ合衆国アイダホ州に位置するである。2000年現在の国勢調査で、人口は7,538人である。ここの郡庁所在地アメリカンフォールズ[1]である。

パワー郡はアイダホ州ポカテロ小都市統計地域の一部である。

歴史[編集]

パワー郡は、カシア郡の分割により、1913年1月30日にアイダホ州議会によって設立された。この郡は、アメリカンフォールズ発電所 (American Falls Power Plant) の名を取って命名された。

地理[編集]

アメリカ合衆国統計局によると、この郡は総面積3,736 km²(1,443 mi²)である。このうち3,640 km² (1,406 mi²) が陸地で、96 km² (37 mi²) が水面である。総面積の2.57%が水面となっている。

隣接する郡[編集]

人口動勢[編集]

2000年現在の国勢調査[2]で、この郡は人口7,538人、2,560世帯、及び1,968家族が暮らしている。人口密度は2/km² (5/mi²) である。1/km² (2/mi²) の平均的な密度に2,844軒の住宅が建っている。この郡の人種的な構成は白人83.78%、アフリカン・アメリカン0.09%、先住民3.29%、アジア0.32%、太平洋諸島系0.04%、その他の人種11.10%、及び混血1.38%である。ここの人口の21.73%はヒスパニックまたはラテン系である。

この郡内の住民は33.80%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が8.40%、25歳以上44歳以下が25.40%、45歳以上64歳以下が22.00%、及び65歳以上が10.40%にわたっている。中央値年齢は32歳である。女性100人ごとに対して男性は101.00人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は99.90人である。

この郡の世帯ごとの平均的な収入は32,226米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は36,685米ドルである。男性は29,676米ドルに対して女性は20,930米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入 (per capita income) は14,007米ドルである。人口の16.10%及び家族の10.80%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の20.10%及び65歳以上の12.70%は貧困線以下の生活を送っている。

都市及び町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  2. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 

外部リンク[編集]