NTTインターコミュニケーション・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)は、日本電信電話株式会社(NTT)が設立した美術館博物館。現在は東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が管理する。メディアアートの展示を中心とした文化施設で、メディアアート作品や関連する図書・映像資料を多く所蔵するほか、メディアの発達史を一堂に展示したショーケース、ウェブ上や機関紙による研究発表もおこなっている。

NTT ICCエントランス

概要[編集]

NTTによって日本の電話事業100周年を記念し構想され、1989年に情報技術を用いた21世紀型のアートを扱う基本計画が制定された。浅田彰伊藤俊治彦坂裕をコミッティに迎え、プロジェクトルームを立ち上げ都内のビルを移動しながら、メディア・テクノロジーを使った美術作品・ハイテクノロジーをテーマにした美術作品を集めて展覧会活動を行ってきた。また1992年からは機関誌・季刊『InterCommunication』を発行してきた。

1997年には東京オペラシティに現在の施設が開館した。当時は常設作品展示室、企画展展示室の他、シアターやメディア・ライブラリ、カフェなどが併設されていた。世界のメディアアートの発信拠点のひとつと目され、「ICCビエンナーレ」をはじめダムタイプ荒川修作マドリン・ギンズ明和電機坂本龍一等の展覧会を開催するなどユニークな活動を行っている。

所在地[編集]

休館日[編集]

  • 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
  • 年末年始

外部リンク[編集]