MA60 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西安MA60

TAM航空(Transporte Aereo Militar)の西安MA60 ボリビアのコチャバンバ空港にて

TAM航空(Transporte Aereo Militar)の西安MA60 ボリビアのコチャバンバ空港にて

MA60中国語新舟60 英語Xian MA60)とは中華人民共和国西安飛機工業公司が、ウクライナANTKアントーノウ)の製作したAn-24旅客機を元に開発した双発ターボプロップ旅客機である。

概要[編集]

コピー製品[編集]

ラオ航空の西安MA60 ルアンナムター空港にて

ソ連ウクライナのアントノフ設計局(現:ウクライナANTKアントーノウ)の製作したAn-24旅客機1959年初飛行)をコピー生産(ライセンス生産とする書籍もあり)したY-7 200Aのエンジンをプラット&ホイットニー・カナダ製のものに換装し、また操縦機器を近代化した機体で、珠海国際航空宇宙博覧会(1998年)において公表された。日本では西安(シーアン)MA-60と呼ばれることがある。

就航[編集]

2000年3月21日に初飛行し、8月には四川航空が就航させ、中華人民共和国当局から量産の許可が出たため年間12-15機が製造されているが、同国政府による発展途上国への販促を狙った無償供与も多い。

事故とトラブル[編集]

しかし設計及び生産レベルの低さに起因する事故や運航トラブルが多く、国際的な安全基準に達していない可能性があるので納入拒否したり、受領したものの運航停止した航空会社や、政府により運航停止措置が出されたり搭乗を避けるよう警告を出している国もある。なおこれまでに先進国の航空会社で運航されたことはない。

機体性能[編集]

MA60エンジン部分(QV523便)
  • 運航乗員: 2
  • 乗客: 60名
  • 全長:24.70m
  • 全幅:29.20m
  • 全高:8.85m
  • 翼面積:75m²
  • 空虚重量: 30,864kg
  • 全備重量: 48,060kg
  • エンジン: 2× Pratt & Whitney Canada PW127J
  • 巡航速度: 504km/h
  • 航続距離: 2,600km

派生形[編集]

MA60-100を発展させたMA600(en:Xian MA600)を2008年に発表、初飛行している[1]。派生型として貨物タイプのMA60-500のほか胴体を短縮して40席とするMA40の生産が計画されている。

運用者[編集]

ほか中華人民共和国内や発展途上国を中心とした航空会社や空軍で運用中だが、航空会社によっては飛行停止して代替機を選定して運用中止しているところもある。

事故[編集]

  • 2009年1,6月 フィリピン ゼストエア カティクラン空港着陸時、オーバーラン
  • 2011年5月 インドネシア メルパチ・ヌサンタラ航空 カイマナ空港荒天着陸時、着陸失敗(滑走路手前の海中に着水、乗員、乗客全員死亡) (メルパチ・ヌサンタラ航空8968便墜落事故)
  • 2013年5月 ミャンマー ミャンマー航空 Monghsat空港着陸時、オーバーラン
  • 2013年6月 インドネシア メルパチ・ヌサンタラ航空 エル・タリ空港着陸時、ハードランディング
  • 2013年6月 ミャンマー ミャンマー航空 コータウン空港着陸時、滑走路逸脱(ミャンマー航空当局はこの事故以降、同型機製造過程に不具合がある可能性があるとして同型機のミャンマー国内での飛行停止措置を実施)
  • 2013年6月にニュージーランド政府はトンガへ渡航する際、トンガ国内線を運航するリアルトンガが使用する同型機を使用するとき上記のような機体欠陥が疑われる航空機の使用は自己責任を負うとの渡航喚起を出している。トンガ政府はこれに反発し、国際問題に発展している。
  • 2014年2月4日 河南省鄭州市 幸福航空 鄭州空港着陸時、滑走中に前輪が格納され機体前部が滑走路と接触したが、全員無事だった。
  • 2014年2月25日 遼寧省瀋陽市 奥凱(OK)航空 午後4時ごろBK2870便(機体番号B-3710)が瀋陽桃仙国際空港に着陸する際、計器にランディングギアの故障が表示された。このため当該機は非常事態を宣言し、空港も緊急着陸態勢をとった。機体の燃料を減らすため3時間上空を旋回。旋回中に空港上空を低空にて飛行し、地上職員の目視によって、ランディングギアの脚下げとロックが確認できたため午後8時17分に無事着陸した。けが人等はいなかった。この事故を受けて製造会社である西安飛機工業公司は着陸信号装置の全数点検を実施すると発表。また、同時に一時飛行停止申請を航空当局に提出した。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献:青木謙知『旅客機年鑑2010-2011』イカロス出版

外部リンク[編集]