TAM (ボリビア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Transporte Aéreo Militar
IATA
-
ICAO
-
コールサイン
-
設立 1945年
ハブ空港 エル・アルト国際空港
ビルビル国際空港
焦点空港 トリニダ
ルレナバケ
保有機材数 20機
就航地 定期便4都市及びチャーター
本拠地 ラパス
代表者 ボリビア空軍
外部リンク http://www.tam.bo/

TAMスペイン語:Transporte Aéreo Militar、日本語訳:軍航空輸送)は、ボリビア空軍が運営する航空会社ラパスに拠点を置く。

概要[編集]

TAMはボリビア国内の遠隔地にある重要都市に対する旅客輸送を行なうことを目的に創設された。この旅客輸送業務を第71航空群(Grupo Aereo 71)が担当することとなる。原型となった部隊は1944年に航空輸送飛行隊(Escuadron de Transporte Aereo:ETA)として編成され、1945年C-47が配備された。このC-47は第71航空群のロゴに採用されている。

主な就航地[編集]

2009年時点での運行曜日と路線

運航機材[編集]

2009年時点での運行機材

脚注[編集]

  1. ^ TAB運用分
  2. ^ TAB運用分

参考文献[編集]

  • 「エアライン年鑑 2090-2010」イカロス出版、2009年

外部リンク[編集]