ボリビア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボリビア空軍西:Fuerza Aérea Boliviana:FAB)は、ボリビア空軍

ラパス市近郊のエル・アルト国際空港(軍民共用)を主要拠点とし、旅客輸送(TAM)と貨物輸送(TAB)の事業運営をも行う。

歴史[編集]

組織[編集]

2007年時点で現役兵総員約6,500人[1]

  • 2個要撃航空隊
  • 1個訓練・近接航空支援隊
  • 1個捜索救難航空隊
  • 1個輸送航空隊
  • 3個対反乱戦航空隊
  • 3個救難航空隊
  • 3個訓練航空隊
  • 1個ヘリコプター隊(対麻薬捜査支援)
  • 1個防空隊

旅客・貨物航空事業部門

  • TAM:軍航空輸送
  • TAB :ボリビア航空輸送

装備[編集]

航空機[編集]

固定翼機[編集]

回転翼機[編集]

  • UH-1H × 15機
  • HB-135B × 2機
  • AS-532 × 2機

火砲[編集]

  • 20mm機関砲 × 18門
  • 65式37mm機関砲 × 18門

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007

参考文献[編集]

  • Christopher Langton,The Military Balance 2007, Routledge

関連項目[編集]

外部リンク[編集]