ボリビアの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリビア軍
Fuerzas Armadas de Bolivia
Flag of Bolivia (militar).svg
創設 1821年
派生組織 ボリビア陸軍
ボリビア海軍
ボリビア空軍
指揮官
最高司令官 第80代大統領 エボ・モラレス
総人員
兵役適齢 18歳から
現総人員 46,100人(2007)[1]
財政
予算 14億7千万USドル(FY99)
軍費/GDP 1.8%(FY99)
関連項目
歴史 ボリビア独立戦争
ペルーのボリビア侵攻es:Invasión peruana de Bolivia
連合戦争
ペルーとボリビアの戦争es:Guerra entre Perú y Bolivia
チンチャ諸島戦争
太平洋戦争
アクレ紛争es:Guerra del Acre
チャコ戦争
ボリビア革命
コンドル作戦en:Operation Condor
階級 ボリビア軍の階級
テンプレートを表示

ボリビア軍(ボリビアぐん、西:Fuerzas Armadas de Bolivia)は、ボリビア軍事組織2007年時点で三軍種の総員46,100人[2]ボリビア大統領の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省傘下の陸海空の三軍および国家警察がある。

組織構成[編集]

陸軍[編集]

陸軍は国内を6つの軍管区に区分し、10個ある師団を基本戦略単位部隊とし、その他の部隊・機関から成る。

海軍[編集]

海軍は国内を3つの海軍管区に区分し、内水河川の防衛警備にあたる。約1,700人規模の海兵隊がある。

空軍[編集]

空軍は4個の航空旅団とその他の部隊・機関から成る。通常の軍務以外にTAMTABの運営にも当たる。

国家警察[編集]

準軍事組織として国家警察es:Policía Nacional de Bolivia)が存在する。総員31,000人が所属し、国内の治安維持に当たる。

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

外部リンク[編集]