アンティグア・バーブーダの軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王立アンティグア・バーブーダ国防軍
Royal Antigua and Barbuda Defence Force
創設 1981年11月1日
派生組織 アンティグア・バーブーダ連隊
アンティグア・バーブーダ沿岸警備隊
アンティグア・バーブーダ軍事教練団
本部 国防軍本部
指揮官
国防大臣 第3代首相 ボールドウィン・スペンサー
参謀長 トレヴァー・トーマス(Trevor Thomas)
総人員
兵役適齢 18歳から
現総人員 170人(2007)
予備役75人[1]
財政
軍費/GDP 0.6%
関連項目
歴史 グレナダ侵攻
テンプレートを表示

王立アンティグア・バーブーダ国防軍:Royal Antigua and Barbuda Defence Force、RABDF)は、アンティグア・バーブーダ軍事組織。2007年時点で全軍種の総員170人、予備役75人[2]首相の指揮の下、国防大臣を通じて文民統制を受ける。国防省の下で陸軍である連隊、沿岸警備隊、支援部隊、軍事教練団がある。予備役を含めても全部で245人規模の世界最小の軍隊でもある。

概要[編集]

アンティグア・バーブーダ国防軍は国土防衛、麻薬密輸の防止、漁業権の保護と支援、海洋汚染の防止、捜索救難、儀礼式典、政府による政策の援助、災害救助、重要施設の保守および秩序維持のための法執行機関への援助などを任務とする。

アンティグア・バーブーダ国防軍は、イギリス陸軍メルシャン連隊と同盟関係にある。

組織構成[編集]

国防省の下、安全保障委員会が設けられ国防軍本部が軍全体を統制する。

陸軍[編集]

アンティグア・バーブーダ連隊は、国防軍の主要部門を構成している。人員規模約125人で連隊本部と第1大隊から成る。第1大隊は4個中隊から成る。

創設以来、同連隊は軽歩兵部隊としての性格を有していた。しかし、ボールドウィン・スペンサー政権以降、国際活動や対テロ作戦への柔軟な対応を目指して、即応能力を持つ「海兵隊」(特殊作戦部隊)に改編する動きがある。

支援部隊[編集]

1997年に設立され、工兵支援や兵站管理を行なう。

沿岸警備隊[編集]

アンティグア・バーブーダ沿岸警備隊は、海上における軍事力の主要部門を構成している。沿岸警備隊は司令官室、施設隊、管理隊、小艇隊の4部門から成り、セントジョンズに基地を設けている。

軍事教練団[編集]

軍事教練団は、国立士官候補生学校をはじめ、国防軍全体の教育訓練に当たる。

駐留外国軍[編集]

装備[編集]

艦艇[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

過去に保有していた艦艇については「アンティグア・バーブーダ沿岸警備隊船艇一覧」を参照。

沿岸警備艇
  • SWIFT 65feet型×1
●●(P01 Liberta) - 1984年
●●(P02 Palmetto) - 1995年
その他
  • ボート×3
CG081[3]
CG071-072[4]
CG091

脚注[編集]

  1. ^ Military Balance 2007
  2. ^ Military Balance 2007
  3. ^ リブボート。
  4. ^ ボストンホエラーボート。

参考文献[編集]

  • Christopher Langton, Military Balance 2007, Routledge

関連項目[編集]

外部リンク[編集]