メルパチ・ヌサンタラ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メルパチ・ヌサンタラ航空
(Merpati Nusantara Airlines)
IATA
MZ
ICAO
MNA
コールサイン
Merpati
設立日 1966年
ハブ空港

スカルノハッタ国際空港
スルタン・ハサヌディン国際空港マカッサル

焦点都市 =
保有機材数 45機
就航地 31都市
本拠地 インドネシアマカッサル

メルパチ・ヌサンタラ航空(Merpati Nusantara Airlines)は、インドネシアの国営航空会社メルパチ航空と呼ばれることも多い。ヌサンタラとは、インドネシア語でたくさんの島々、諸島、群島という意味で、インドネシアそのものを指す別名でもある。

概要[編集]

主に国内のローカル路線に就航している。国際線は東ティモールディリマレーシアクアラルンプールに就航しており、規模は国内最大のガルーダ・インドネシア航空に次ぐ。今後は東部インドネシアを中心に運航していく予定であることから、2008年9月、本社機能がマカッサルに移転された。

2014年1月8日、航空会社を評価するサイト AirlineRatings.com において、全世界の航空会社を比較調査した結果、安全性においてライオン・エアと同じ2つ星の低い評価を受け、448会社中ワースト10にランキングされた[1]

就航路線[編集]

インドネシア(国内路線)[編集]

アジア[編集]

  • ディリ - バンドン、バタン、デンパサール、クアラルンプール、マタラム、マカッサル、メダン、ジャカルタより
  • クアラルンプール - バンドン、バンジャルマシン、デンパサール、クパン、マナド、マタラム、マウメレ、スラバヤより

所有機材[編集]

ボーイング737-200

(2007年1月現在)

脚注[編集]

  1. ^ Qantas the safest airline AirlineRatings.com 08 Jan 2014

外部リンク[編集]