IBM System/23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IBM System/23(IBM System/23 Datamaster、IBM システム/23 データマスター)は、IBM1981年に発表したオールインワンコンピュータである。

概要[編集]

IBM System/23 Datamasterは、IBM PCのわずか1か月前の、1981年7月に発表された。型番は5322である。

Datamasterは、テキストモードのCRTディスプレイや、キーボードプロセッサメモリ、2つの8インチフロッピーディスクドライブなどの全てを1つのキャビネットに収納した、オールインワンコンピュータであった。プロセッサは8ビットインテル8085で、256 KBのメモリを管理するバンク切り換えロジックを備えていた。BASICインタープリタが組み込まれていた。外付けで2つ目のキーボードやスクリーンを接続することもできた。

データマスターの目的は、専門家なしで設置や操作ができるコンピュータの供給だった [1]。発表時にはシングルスクリーンの Datamaster は約 9,000 ドルで販売された。Datamasterプロジェクトで得られた設計グループの親密性は、IBM PCへのインテル製CPUの採用に影響した。

参照[編集]

  1. ^ David J. Bradley "The Creation of the IBM PC", BYTE, ISSN 0360-5280/09, Volume 15, Number 9, September 1990 pp. 414-420

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
IBM 5120
IBM Personal Computers 次代:
IBM PC