FC2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FC2
FC2, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
(4730 South Fort Apache Road Suite 300 Las Vegas, NV89147)
設立 1999年7月20日
業種 情報・通信業
事業内容 ドメイン名販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発
代表者 DEREK G ROWLEY
主要株主 高橋理洋[1]
外部リンク http://fc2.com/
テンプレートを表示
FC2
URL http://fc2.com/
営利性 あり
登録 必要
使用言語 日本語、英語、中国語、タイ語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、フランス語、インドネシア語、ポルトガル語、ベトナム語[2]
運営者 FC2, INC.
設立日 1999年
収益 広告、有料閲覧システム
アレクサ
ランキング
60位[3]
現状 運営中

FC2(エフシーツー)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに本社を置く、Webサービスおよびホスティングサービスを展開する企業。日本を中心に事業展開を行なっている。社名のFC2は「ファンタスティック・クピ・クピ」の略であるとしている[4]

会社の代表者は、設立当初から2008年までは日本人の高橋理洋(CEO)が務めたが[5][6]、2009年からMaurice Bannon、2012年にはLance Wolff Kerness[7]、2014年はDEREK G ROWLEYが務めている。

概要[編集]

FC2は米国法人とされているが、2006年の雑誌『Yahoo! Internet Guide』5月号に掲載された代表の高橋理洋のインタビュー記事によると、2006年時点では兄の高橋理洋と弟の高橋人文の2人が中心になって運営がされており、正社員は17名で、ほかに非常勤スタッフが約30名いるとしている[6]

Webサービスのアクセス数の95%は日本からである[7]。広告代理店は株式会社ホームページシステムである[8]

事業[編集]

レンタルサーバドメインブログチャットアクセス解析掲示板日記アクセスカウンタSNSなど、日本語を始め様々な言語で無料・有料の各種ウェブサービスを提供している。

FC2IDというユーザ管理システムを採用しており、ID登録をすると、ブログやアクセスカウンタなどでそれぞれ別々のIDを取得する必要がなくなり、全てのサービスで同一のIDとパスワードが使える。サービス追加もID1つで登録できるのが特徴。

沿革[編集]

問題視されている運営方針[編集]

権利侵害の放置[編集]

本部がアメリカにあるとしているため、ブログやサイトには国内法が及ばず、そのため不適切な記述の削除要請が難しかった。 しかし、2012年民事訴訟法が改正され、日本国内で事業を展開している場合、会社が国外にあっても訴訟が可能となり、2013年にはブログ投稿者の情報開示命令が出ている[12]。 FC2の利用者は1500万人を超えるとみられ、本社やサーバーが米国にあり法的な手段を取るのが難しく、法律に違反する投稿、権利を侵害する投稿が放置されるケースがみられると報道されている[13]。 ネット業界の一部には“無法地帯”との呼び名で呼ばれてもいる[12][14][15]

同サービスを利用して開設されたブログで、ある人物への悪質な誹謗中傷が相次いで投稿された[7]。 中傷を受けた人物は警察に相談した。担当弁護士が警察側から聞いた話によれば、FC2は当初捜査および記事の削除に協力していたが、投稿者は次々新しいブログを作って、同様の中傷を続ける中、途中からこれを拒否したという[7]。 警察はICPOを通じ、ネバダ州のサーバーを捜査しようとしたが、地元警察が強制捜査を断り、事態は手詰まりになった。そこで弁護士らは、2012年改正された民事訴訟法の新規定を元に、プロバイダ責任制限法に基づき、FC2に情報開示の仮処分申し立てを行った[7]

2013年、FC2に対して発信者情報開示の仮処分を申請した担当弁護士によると「会社自体は、ネバダ州にありますが、おそらくペーパーカンパニーです。実質的な運営主体が日本国内にあることは間違いないと思いますが、その運営実態は依然不明なままです」と発言しているのに対して、FC2側は「当社は、ネバダ州内に、オフィスを賃借し、従業員を雇用しております。また、アメリカ内にデータセンターを設置しサービスを運営しており、アメリカの法律に従い、アメリカで納税もしております」と虚偽の事実を述べ反論した[7]

事件・裁判[編集]

「ホームページシステム」の家宅捜査[編集]

2014年9月30日、京都府警を含む5府県警は公然わいせつほう助と風営法違反(無許可営業)で、大阪市北区にある「ホームページシステム」を含むFC2関連企業を家宅捜索した。 FC2米国本社はダミーカンパニーで事実上の業務は「ホームページシステム」が行い、意図的に違法行為を見逃して多額の利益を得たと判断し、強制捜査に乗り出した。立件を視野に調べを進めており、FC2創業者も捜査を受けたと報道されている[16]

家宅捜査時点9月30日の「ホームページシステム」の提携先企業にGoogleYahoo!GMOなどのIT企業が名を連ねていたが[17]、10月10日現在提携先企業がページから削除されている。同時点で削除した経緯の説明はない。

事件後ライブドアブログは、自社の公式ブログでFC2ブログから自社のブログサービスへデータを移行する方法を紹介した[18]

アメブロではFC2からの引っ越し機能を以前から提供している[19]

FC2が買収した企業をFC2傘下から分離する事を求める意見も[20]

今年6月のFC2ライブ配信者の現行犯逮捕の裏付け捜査で国内で実質的に業務を行っているホームページシステムの存在が浮上した為、警察が家宅捜査に乗り出すきっかけとなった[21]

運営サービス[編集]

FC2動画
FC2ライブ
  • 2014年
    • 6月 - ライブ中継中に現行犯逮捕[22]
    • 7月 - ライブ中継で2件目の逮捕[23]
FC2ブロマガ
  • 2014年
    • 10月 - 有料ブログマガジンでわいせつ画像を販売した夫婦逮捕[24]

サービスの一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FC2創業者で同社の支配株主 [1] (PDF) P8参照
  2. ^ a b c d FC2. “会社概要”. 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ Fc2.com Site Info”. 2014年6月23日閲覧。
  4. ^ 持丸 浩二郎 『さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 第2版』 C&R研究所、2008年、p.14。
  5. ^ デジタルハリウッド株式会社の2008年プレスルーム
  6. ^ a b ヤフー・インターネット・ガイド、2006、「毎月2,000人がユーザー登録 FC2ブログ急成長の理由」、『Yahoo! Internet Guide』11巻5号(2006年5月号(通巻124号))、ソフトバンククリエイティブ pp. 20-21
  7. ^ a b c d e f FC2の本拠は米国にあるのか 会社側はペーパーカンパニー説に強く反論”. J-CASTニュース (2013年2月26日). 2013年2月26日閲覧。
  8. ^ 株式会社ホームページシステム”. 2014年3月22日閲覧。
  9. ^ FC2総合インフォメーション (2012年4月10日). “アキナジスタ株式会社の親会社となりまし”. 2013年2月27日閲覧。
  10. ^ FC2総合インフォメーション (2012年8月1日). “掲示板サービス「ザ掲示板」の運営について”. 2013年2月27日閲覧。
  11. ^ FC2総合インフォメーション 【ライブ】ネットラジオサービス「ねとらじ」の運営について
  12. ^ a b ““無法地帯”FC2に情報開示命令 民事法改正後初の事例か”. ITmedia. (2013年2月20日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1302/20/news096.html 2013年2月20日閲覧。 
  13. ^ NHK「かぶん」 (2013年2月24日). “海外のブログ運営会社に情報開示命令”. NHK「かぶん」ブログ. http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/147514.html 2013年4月10日閲覧。 
  14. ^ 斎藤栄孝 (2013年3月10日). “““無法地帯”FC2が「出会い系アプリ」に本格参入!!? スタンプ機能も搭載の「FC2 Talk」が話題に”. EXドロイド(バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地 エックスドロイド). http://exdroid.jp/d/53446/ 2013年3月10日閲覧。 
  15. ^ EXドロイド編集部 (2013年3月3日). “ニコ動にそっくりの“寄生型動画サイト” 「ひまわり動画」アプリの危険な内容”. EXドロイド(バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地 エックスドロイド). http://exdroid.jp/d/52957/ 2013年4月10日閲覧。 
  16. ^ 「FC2」国内会社捜索=米社ダミーか、創業者ら立件視野-わいせつ中継ほう助容疑”. 時事通信. 2014年10月15日閲覧。
  17. ^ 「ついにFC2メスが!」”. ライブドアニュース. 2014年10月10日閲覧。
  18. ^ FC2ブログからライブドアブログへのお引越し方法”. livedoor Blog 開発日誌. 2014年10月11日閲覧。
  19. ^ お引越しする際の注意点≪FC2ブログ≫”. アメーバーブログ. 2014年10月31日閲覧。
  20. ^ アキナジスタ(株)”. Yahooファイナンス. 2014年10月31日閲覧。
  21. ^ 性行為ライブの〝温床〟に捜査のメス 端緒は「帽子君」…謎多き「FC2」野放しの背景”. 産経新聞. 2014年10月25日閲覧。
  22. ^ 容疑の男女を現行犯逮捕”. 時事通信. 2014年6月4日閲覧。
  23. ^ ネットでわいせつ行為中継 「1億稼いだ」3人逮捕”. 産経ニュース. 2014年7月5日閲覧。
  24. ^ 公然わいせつ容疑で名古屋の夫婦逮捕”. 中日新聞. 2014年10月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 持丸 浩二郎 『さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 第2版 』 2008年C&R研究所 ISBN 978-4863540033
  • 『ヤフー・インターネット・ガイド 2006年 05月号 』2006年 ソフトバンク クリエイティブ ASIN B000F3SYKA

関連項目[編集]

外部リンク[編集]