Apache Tapestry

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache Tapestry
Tapestry.png
開発元 Apacheソフトウェア財団
初版 2000年(13年前) (2000
最新版 5.3.7 / 2013年4月24日(18か月前) (2013-04-24 [1]
プログラミング言語 Java
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 Webアプリケーションフレームワーク
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト tapestry.apache.org
テンプレートを表示

Apache Tapestry(アパッチ・タペストリー)は、Apacheソフトウェア財団が配布しているJava ServletWebアプリケーションフレームワークである。当初はJakarta Projectにて開発されていたが、2006年にApacheのトップレベルプロジェクトに昇格した[2]

Apache Tapestryは、アクションをベースとした仕組みのApache Strutsとは競合する。TapestryはStrutsとは違い、コンポーネントベースであり、コード量が少なくて済む点が特徴である。またStrutsのようにJSPカスタムタグライブラリを覚えなおす必要がなく、必ずServlet/JSPを作成しなければならないということはなく、Javaネットワークの知識がないウェブデザイナーでも簡単にJava製ウェブアプリケーションを作成できるという利点がある。

動作環境[編集]

Tapestryを動かすにはJava Platform, Standard Editionに加えてApache Tomcat等のWebコンテナが必要である。

脚注[編集]

  1. ^ Download -- Apache Tapestry”. 2014年6月3日閲覧。
  2. ^ Apache Tapestry、トップレベルプロジェクトへの移行完了”. マイナビニュース (2006年6月22日). 2011年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]