ASP.NET MVC Framework

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ASP.NET MVCは、Microsoftが開発・提供している、Model View Controller (MVC) パターンをベースとしたアプリケーションを開発するためのASP.NETWebアプリケーションフレームワークである。

従来のASP.NETでは、Windowsアプリケーションに近い開発スタイルが取られており、Windowsアプリケーションの開発者に取ってはメリットであったが、MVCパターンを採用していることの多い他のWebアプリケーションフレームワークの経験者に取ってはデメリットと感じられることもあった。ASP.NET MVCは、こうした要望を受けてASP.NETをベースとしたMVCパターンのWebアプリケーションフレームワークとして開発された。[1]

2009年4月より、ASP.NET MVCのソースはMicrosoft Public License (MS-PL) の元でリリースされている[2]

2012年3月より、ASP.NET MVCやRazor、Web APIなどを含むソースはApache License 2.0の元でリリースされている[3]

リリース[編集]

日時 バージョン
2007年12月10日 ASP.NET MVC CTP
2009年3月13日 ASP.NET MVC 1.0[4]
2010年3月10日 ASP.NET MVC 2.0[5]
2011年1月13日 ASP.NET MVC 3.0[6]
2012年8月15日 ASP.NET MVC 4.0[7]
2013年10月17日 ASP.NET MVC 5.0[8]
2014年1月17日 ASP.NET MVC 5.1[9]

アーキテクチャ[編集]

Model[編集]

Modelにはマイクロソフトが.NET Frameworkの一部として提供しているLINQ to SQLEntity Frameworkがよく用いられているが、ASP.NET MVC 自体はModelを提供しておらず、利用者が自由に選択することが可能である。

View[編集]

Viewにはバージョン 2.0 まではASP.NETでも用いられている拡張子がaspxのファイルしか利用できなかったが、バージョン 3.0 からはRazorと呼ばれる全く新しいビューエンジンが追加された。

Controller[編集]

Controllerは通常のクラスとして定義するが、そのクラスの公開メソッドがアクションとしてランタイムから呼び出される。使用するコントローラとアクションはURLルーティングによって決定される。

脚注[編集]

外部リンク[編集]