Apache OpenEJB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache OpenEJB
開発元 Apache Software Foundation
最新版 4.0.0 / 2012年1月23日(2年前) (2012-01-23
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
サポート状況 Active
種別 EJBコンテナ
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://openejb.apache.org
テンプレートを表示

OpenEJBオープンソースの軽量EJBコンテナ・EJBサーバである。 Apache License2.0下でリリースされている。 OpenEJBは、Apache GeronimoWebObjects等のJavaEEサーバーと統合されている。

歴史[編集]

OpenEJBは、Richard Monson-HaefelとDavid Blevinsにより1999年12月に構築された。 当時、毎週のようにエンタープライズJava方面へ移行する新しいベンダーがあった。 競争者として参画するより、プロジェクトは、新しいプラットフォームを提供することに注力することにした。そのプラットフォームとは、OpenEJBをアプリケーションサーバに差し込んで、すばやくEJBを受け入れるものであった。

初めてのOpenEJBとの統合は、2000年末のアップルWebObjectsであり、2001年にリリースされた。 2002年にSource Forgeにプロジェクトが移行したとき、Apache Tomcatと統合できるようになった。再び、プロジェクトは、TomcatをOpenEJBに適合させるよりも、Tomcatユーザに対して、EJBサポートを得られるように、OpenEJBを差し込めるよるような統合機能を提供することを決意した。

OpenEJBは、WebObjectsとの統合準備の中で、とても大きな統合テストを行った。 そのテストスウィートは、一般的なアプリケーションとして開発された。それは、WebObjectsやOpenEJBと統合されたその他のプラットフォームで動作する必要があったからである。 JUnitのテストスウィートのビルドを単純化するために、別プロセスではなく、OpenEJBの中で動作するようにした。それはコンテナが、そのほかのプラットフォームへ差し込めるように設計されることと、できるだけ環境についての前提を無くすということを容易にした。 それは、通常のユニットテストを伴ったEJBアプリケーションと組込み可能なEJBコンテナの結合という概念に基づく。 初めは、「ローカル」EJBコンテナや、ローカルとリモートの二つのモードで動作可能なものとして言われていた。

2003年8月、プロジェクトは、Apache Geronimoの立ち上げを助けた。 初めは、新しいバージョンのOpenEJBは、GeronimoのGBeanアーキテクチャに基づいて根底から開発され、OpenEJB2.0としてリリースされた。それは、Geronimoのバージョン1.X系を通して利用されている。 2006年、EJB3.0がリリースされた。これは、単純化に注力したものである。