Apache OpenJPA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache OpenJPA
開発元 Apache Software Foundation
最新版 2.2.0 / 2012年2月20日(2年前) (2012-02-20
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
プラットフォーム Java
サイズ 12.8 MB (archived)
サポート状況 Active
種別 Object-relational mapping
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://openjpa.apache.org
テンプレートを表示

OpenJPAJava Persistence API仕様のオープンソース実装の一つである。 データベースへのオブジェクトの永続化を単純化する ORM の一つでもある。 Apache License2.0のもとで配布されている。

歴史[編集]

Kodoは、Java Data Objects実装であり、SolarMetric社により2001年に初めて開発された。 BEAシステムズは、SolarMetric社を2005年に買収した。そのとき、KodoはJDOとJPAの両方の仕様の実装として拡張されていた。

2006年、BEAはOpenJPAという名でKodoのソースコードの大部分をApache Software Foundationへ寄贈した。 寄付されたソースコードは、BEA Weblogic Server、IBM WebSphere、Geronimo Application Serverの永続化エンジンのコア部分となるものだった。 2007年 3月、OpenJPAはインキュベータから卒業し、トップレベルプロジェクトなった。 また、Sun's Technology Compatibility KitでJPA実装として認められた。