ICEfaces

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ICEfaces
作者 ICEsoft Technologies Inc.
最新版 [1] / 2012年3月27日(2年前) (2012-03-27
種別 Ajax, Java, JSF2, Framework
ライセンス Open Source MPL, Apache
公式サイト http://www.icesoft.org
テンプレートを表示

ICEfacesは、オープンソースであり、Ajaxをクライアントサイドコンポーネントとして使用するJSFの実装の一つである。 RIAアプリケーションをJavaで実装する際に使用される。 ICEfacesでは、Javascriptや、そのプラグインを使用せず、Javaでクライアントサイドのコーディングを行う。

アーキテクチャ[編集]

ICEfacesにより、開発者はAjaxアプリケーション開発をJavascriptで行う必要がなくなる。 Javaアプリケーション開発者の技術を増幅させるものであり、JavaEE上で使用される。 ICEfacesのリッチプレゼンテーション機能は、JSF標準に基づいており Ajaxを使用した拡張コンポーネントを補充し、すべての標準コンポーネントを提供している。

ICEfacesは、部分サブミットを提供している。 部分サブミットとは、HTTP Postリクエストでフォーム全体を送信せず、 個々のフィールドのバリデーションを行うために十分なデータのみを送信することを意味している。

また、Ajaxのプッシュ機能を提供している。 プッシュ機能とは、クライアントサイド(Javascript)からではなく、サーバによって引き起こされる WebPageのDOMを部分的に更新する独特の機能である。

外部リンク[編集]