Apache Axis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache Axis
開発元 Apacheソフトウェア財団
最新版 1.4 / 2006年4月22日(8年前) (2006-04-22
プログラミング言語 Java, C++
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 Webサービス
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://ws.apache.org/axis
テンプレートを表示

Apache Axis(アパッチ・アクシス)は、JavaXML技術に基づいたWebサービスフレームワークである。Apacheソフトウェア財団によって開発されていたが、2006年を最後に以後リリースは行われておらず、後継プロジェクトであるApache Axis2に取って代わられている。

概要[編集]

SOAPサーバ実装Webサービスを生成するためのツール、Webサービスデプロイ(配備)するためのツールなどから構成されている。 Apache Axis を利用することで、開発者は、相互運用ができる (interoperable)、ネットワーク上に分散した (distributed) アプリケーションソフトウェアを開発することができる。Java向けの実装以外にも、C++向けの実装も存在する。

問題[編集]

内部的に不適切な実装が多く(オンメモリのみの前提、内部完結の通信でも外部になげるなど)、実使用に堪えない。Axisプロジェクト自身もAxisを公開していることを外部に公表しないように呼びかけている。その上、2006年4月以降、開発が事実上停止。Apache Axis2への移行が行われている。

関連技術[編集]

外部リンク[編集]