Java Web Services Development Pack

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Java Web Services Development PackJWSDP)は、Javaに関する最新技術を使ってWebサービスWebアプリケーションを開発するためのフリーなソフトウェア開発キット (SDK)。

JWSDP は既に GlassFishWSIT置き換えられている。また、一部機能は Java SE 6 ("Mustang") に取り込まれた。ソースコードは Open Source Initiative が認める CDDL ライセンスで入手可能。

Java API[編集]

JWSDP 1.6 に含まれていたコンポーネントとAPIを以下に示す。

初期のJWSDPには以下も含まれていた。

関連技術[編集]

WebサービスやXMLプロセッサに関するJavaの実装は他にも様々なものが存在する。Java標準をサポートしているものもあれば、それ以外の標準をサポートしているものや、標準をサポートしていないものもある。関連する技術としては、以下のものがある。

  • Apache Axis - Webサービス・フレームワーク
  • XINS - RPC/Webサービス・フレームワーク
  • xmlenc - XML出力ライブラリ
  • JBoss Web Services - JBoss のWebサービススタック

外部リンク[編集]