Java API for XML Processing

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Java API for XML ProcessingJAXP)は、JavaXMLを扱うためのAPIのひとつ。XML文書の妥当性検証や構文解析のためのインタフェースを提供する。次の2つの基本的な構文解析インタフェースを備える。

JAXP 1.4からは、3番目のインタフェースが追加されている。

  • Streaming API for XMLによる構文解析インタフェース(StAXインタフェース、JSR 173)

JAXPは、構文解析インタフェースに加え、XML文書のデータや構造の変換を行うためのXSLTインタフェースも提供している。JAXPは、Java Community Processの下でJSR 5(JAXP 1.0)、JSR 63(JAXP 1.1と1.2)、JSR 206(JAXP 1.3と1.4)として開発された。2007年現在の最新バージョンは1.4。J2SE 1.4以降はJAXPの実装を含むようになり、J2SE 5.0はJAXP 1.3の実装を、Java SE 6はJAXP1.4の実装を含んでいる。

DOMインタフェース[編集]

おそらく最も理解しやすいのがDOMインタフェースであろう。XML文書全体を構文解析し、文書内のすべての要素に相当するメモリ内表現を、Document Object Model(DOM) Level 2 Core Specificationで規定されたモデルに基づくクラスで構築する。

DOMパーサー(構文解析機)は、メモリ上にDocument表現を構築 (build) するので、DocumentBuilderと呼ばれる。javax.xml.parsers.DocumentBuilderは、javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactoryにより生成される。DocumentBuilderは、XML文書内の全ノードを含んだ木構造org.w3c.dom.Documentインスタンスを生成する。木構造内の各ノードは、org.w3c.dom.Nodeインタフェースを実装している。ノードには、XML文書内のデータ型を表すいろいろなノードタイプがある。最も重要なノードタイプとして、次のようなものがある。

  • 要素(element)ノード。属性(attribute)を持つ場合がある。
  • テキスト(text)ノード。要素の開始タグと終了タグの間に記述されたテキストを表す。

全ノードタイプの一覧は、Javaパッケージorg.w3c.domJavadocを参照のこと。

SAXインタフェース[編集]

SAXパーサーはSAXParserと呼ばれ、javax.xml.parsers.SAXParserFactoryによって生成される。DOMパーサーと違い、SAXパーサーはメモリ内にXML文書の表現を作らないので、より高速でメモリ使用量が少ない。その代わりに、SAXパーサーは、コールバックを呼び出す、すなわち、あらかじめパーサーに渡しておいたorg.xml.sax.helpers.DefaultHandlerインスタンスメソッドを呼び出すことで、XML文書の構造をクライアントに通知する。

DefaultHandlerクラスはContentHandlerErrorHandlerDTDHandlerEntityResolverの各インタフェースを実装している。ほとんどのクライアントは、ContentHandlerインタフェースで定義されたメソッドを使うことになる。これらのメソッドは、XML文書内の対応する要素をSAXパーサーが見つけたときに呼び出される。SAXインタフェースの中でもっとも重要なメソッドとして、次のようなものがある。

  • startDocument()endDocument()メソッド。XML文書の先頭と末尾で呼び出される。
  • startElement() and endElement()メソッド。要素の開始地点と終了地点で呼び出される。
  • characters()メソッド。要素の開始タグと終了タグの間にあるテキストデータで呼び出される。

クライアントは、DefaultHandlerのサブクラスでこれらのメソッドをオーバーライドしてデータを処理する。処理の中でデータをデータベースに保存したり、ストリームに書き出したりすることもある。

XSLTインタフェース[編集]

XSLTは、XML文書を別の形式のデータに変換できる。