Apache Geronimo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache Geronimo
開発元 Apache Cocoon プロジェクト(Apacheソフトウェア財団
初版 2006年01月5日(8年前) (2006-01-05[1]
最新版 3.0.1 / 2013年05月28日(10か月前) (2013-05-28
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 Java EE準拠のAPサーバ
ライセンス Apache License Version 2.0
公式サイト http://geronimo.apache.org/
テンプレートを表示

Apache Geronimo(アパッチ・ジェロニモ)は、Apacheソフトウェア財団によるJava Platform, Enterprise Edition (Java EE) の実装であり、Apache Licenseのもとに公開されているオープンソースプロジェクトである。

Google App Engineなどでも採用されている。サーブレットコンテナとしてApache Tomcatを標準で採用しており、WebサービスとしてApache Axis2を採用している(当初はJettyとTomcatから選択可能としていたが、3.0からTomcat版のみとなっている[2])。これ以外にも、ソフトウェアコンポーネントを組み合わせApache Geronimoは構成されている。このソフトウェアコンポーネントはGeronimo Kernelが管理し、EJBコンテナを起動したり、サーブレットを起動すると言ったことは、各コンポーネントが担当する。

脚注[編集]

  1. ^ Apache Geronimo v1.0 - Released on January 5, 2006” (英語). Apacheソフトウェア財団 (2006年1月5日). 2014年2月24日閲覧。
  2. ^ Apache Geronimo 3.0公開 - Java 7ランタイムの追加など”. マイナビニュース (2012年7月18日). 2014年2月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]