Apache ZooKeeper

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZooKeeper
開発元 Apacheソフトウェア財団
最新版 3.3.5 / 2012年03月20日(2年前) (2012-03-20
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
種別 Distributed computing
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://hadoop.apache.org/zookeeper/
テンプレートを表示


Apache ZooKeeperApacheソフトウェア財団オープンソースプロジェクトで、大規模分散システムでよく利用される、設定情報の集中管理や名前付けなどのサービスを提供するソフトウェアである。Hadoopのサブプロジェクトの一つである。

ZooKeeperのアーキテクチャでは、高可用性を冗長サービスにより提供している。つまり、クライアントはあるZooKeeperノードへの問い合わせが失敗したら、他のノードに問い合わせることができる。

データの更新は一つのマスターノードだけが行うようになっているので、データがノード間で矛盾した内容になることはない(ただし、最新のデータでない可能性はある)。

更新を担当するマスターノードが何らかの理由で停止した場合には、各ノード間で選挙を行い、新たな更新ノードが選ばれる。

ZooKeeperはデータを階層的な名前空間に保存しているが、これはファイルシステムやトライ木のデータ構造によく似ている。クライアントはこのノードに読み書きを行うことによって、設定情報共有などのサービスを提供する。[1]

ZooKeeperはen:Rackspaceen:Yahoo!などの企業で[2]、またSolrのようなオープンソースエンタープライズサーチシステムで使用されている。

典型的な用途[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ZooKeeper docs
  2. ^ http://hadoop.apache.org/zookeeper/docs/current/zookeeperOver.html ZooKeeper Overview: A Distributed Coordination Service for Distributed Applications

外部リンク[編集]