Apache Thrift

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apache Thrift
開発元 Apache Software Foundation
最新版 0.9.1 / 2013年8月21日(13か月前) (2013-08-21
種別 RPCフレームワーク
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト http://thrift.apache.org/
テンプレートを表示

Apache Thrift(アパッチ スリフト)は、「スケーラブルな言語間サービス開発」のためにFacebookにて開発されたRPCフレームワークである。これはソフトウェアスタックとコード生成エンジンを組み合わせることで、C++C#JavaPerlPythonPHPErlangRubyなどの言語間にて効率的かつシームレスに動作するサービスを開発することを可能とする。

特長[編集]

Thriftの長所に以下のものがある。

  • SOAPなどの類似フレームワークより低いオーバヘッドによる言語間シリアライゼーション。
  • 簡潔かつ明瞭なライブラリ。追加のコーディングが必要となる他のフレームワークがない。XML設定ファイル不要。
  • 言語バインディングが分かりやすい。例えば、JavaではArrayList<String>を用いる。またC++ではstd::vector<std::string>を用いる。
  • アプリケーションレベルwireフォーマットとシリアライゼーションレベルwireフォーマットは明確に分かれている。それぞれ別個に変更が可能である。
  • バイナリ、HTTP互換およびコンパクトバイナリなどが所定のシリアライゼーションスタイルである。
  • Camlウェブサービスにより拡張可能である。
  • ビルド依存や非標準化されたソフトウェアを含まない。ソフトウェアライセンスは全て互換性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]