.asia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
.asia
施行 2007年
TLDの種類 sTLD
現在の状態 利用可能
管理団体 DotAsia Organisation
後援組織 アジア太平洋地域各国のNIC[1]
利用地域 アジア太平洋地域
使用状況 パンアジア・アジア太平洋地域にある法人
登録の制限 登録に制限は無いが、登録者にちゃんとした商業的実体が無い場合、忌避される場合がある。
階層構造 セカンドレベルドメインの登録が許されている。
関連文書 ICANN registry agreement
方針 UDRP, Charter Eligibility Dispute Resolution Procedure (CEDRP)
ウェブサイト DotAsia Organisation
テンプレートを表示

.asiaとは、スポンサードトップレベルドメイン(sTLD)の一つ。2006年12月7日に正式承認された[2]、アジア太平洋向けのトップレベルドメインである。アフガニスタン.af)、ブータン.bt)、中華人民共和国.cn)、インドネシア.id)、インド.in)、イラン.ir)、日本.jp)、カンボジア.kh)、大韓民国.kr)、カザフスタン.kz)、モンゴル.mn)、マカオ.mo)、ニウエ.nu)、ニュージーランド.nz)、フィリピン.ph)、シンガポール.sg)、タジキスタン.tj)、台湾.tw)、ウズベキスタン.uz)、ベトナム.vn)の各国ccTLDを管理するNICが主なスポンサーとなっている。管理団体のDotAsia Organisationは、香港に拠点を持つ(ccTLD以外のTLDを管理する団体はアジア太平洋地域では初)。

外部リンク[編集]