鶴見岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶴見岳
Beppu Tsurumidake.jpg
標高 1374.5 m
所在地 大分県別府市
位置 北緯33度17分12秒
東経131度25分47秒
種類 成層火山溶岩ドーム活火山ランクC・常時観測火山
鶴見岳の位置
テンプレートを表示
鶴見岳(左側)
鶴見岳山頂
鶴見岳と別府ロープウェイ

鶴見岳つるみだけ)は、大分県別府市にある活火山。標高は1,375m。日本三百名山のひとつ。東側山麓の扇状地には別府温泉別府八湯)が広がる。

概要[編集]

鶴見岳は阿蘇くじゅう国立公園に指定されており、別府湾からは後方の由布岳と並ぶ美しい姿を見ることができる。初夏のミヤマキリシマ、秋の紅葉、冬の霧氷等の自然に恵まれている。

山頂へは、近鉄別府ロープウェイが中腹の別府高原駅(標高503m)から山頂の鶴見山上駅(標高1,300m)まで通じており、10分足らずで登ることができる。山頂からは、東方に別府市街や別府湾、南方に城島高原を見おろし、すぐ西側には由布岳、遠方には九重山を望む。晴れた日には東方に四国を遠望することができる。また、山頂には火男火売神社(通称、御嶽権現)奥院の石祠や鶴見七福神が祭られている。

日本最大の温泉都市別府の源である鶴見岳には、古代より山麓に温泉があることは広く知られていたが、活発な噴火活動で荒地や沼地になっており、整備されていなかった。『豊後国風土記』や『万葉集』には、現在の柴石温泉の血の池地獄にあたる「赤湯の泉」や、鉄輪温泉の地獄地帯にあたる「玖倍理(くべり)湯の井」等についての記載がある。『伊予国風土記』逸文には、大国主命が鶴見山麓から湧く「速見の湯」を海底に管を通して道後温泉へと導き、少彦名命の病を癒したという神話が記載されている。771年(宝亀2年)に創祀されたとされる火男火売神社は、鶴見岳の2つの山頂を火之加具土命、火焼速女命(ひやきはやめのみこと)の男女二柱の神として祀っており、別府八湯の守り神として信仰を集めている。

立地のよさから、各放送局の施設や警察庁の通信施設、県防災行政無線などの中継所が設置されており、また、大分県デジタルネットワークセンター区域外再放送の受信施設を設置、北九州局(デジタル・アナログ)と久留米局(アナログ)の電波を受信し、大分県ケーブルテレビ局に配信する。

噴火活動[編集]

鶴見岳では10500~7300 年前の間に山頂で噴火が発生し溶岩を噴出した。その後、1800 年前に山頂付近でブルカノ式噴火が発生し、火山灰が鶴見岳の南側斜面に堆積した。772年(宝亀3年)噴火による泥流が発生し、死傷者多数、家屋損壊した。849年(嘉祥2年)頃に山頂北側で水蒸気爆発をした記録がある。867年(貞觀9年)山頂の青泥池、黒池、赤池が震動し硫黄臭が遍満する。さらに噴火し、沙泥が数里四方に積もる。泉が沸騰し、川となって山麓の道路を塞ぎ、川に至って魚数千万が死ぬ。(日本三代実録-14)。1949年2月(昭和24年)山頂の北西約500m、標高1,100m付近で面積約30平米の楕円形内の多数の噴気孔から高さ約10mの白色噴気が上がる。1974年12月(昭和49年)同じ場所から150m程度の噴気があり、翌年にも噴気が観察され、以後今日まで噴気が継続している。気象庁により鶴見岳地獄谷赤池噴気孔と命名される[1]

火山としては、2003年気象庁の見直しによって、活火山として認識すべき範囲が拡大され、気象庁指定の火山としては伽藍岳を加えて鶴見岳・伽藍岳と呼ばれるようになった。

イベント[編集]

鶴見岳大寒がまん大会

例年1月には、山頂で鶴見岳大寒がまん大会が開催され、氷のイスに座ってかき氷を早食いする「かき氷早食い競争」、氷のバケツに手を浸してから針に糸を通す早さを競う「地獄の針仕事」、素手で氷柱に抱きついて耐久時間を争う「氷柱しがみつき競争」等が行われる。

べっぷ鶴見岳一気登山大会

例年4月の第2日曜日には、日本で唯一、海抜0mから標高1,375mの山頂までの約12kmの道のりを幹線自動車道を通らずに登山するべっぷ鶴見岳一気登山大会が開催される。受付は2月上旬から3月中旬の間に行われる。1988年から始まり、年々参加者が増え、2012年の25回大会では3,525名が参加した。 コースは下記のとおり。

  • いだてん天狗タイムレース 山頂までのタイムを競う過酷なレース
  • のびのびさくらウォーク  山頂までのゆっくりのんびり歩く登山コース
  • GO.GO.GO.ハーフウォーク ふもとまでのんびりと歩く健康歩きコース

出典[編集]

  1. ^ 気象庁 鶴見岳・伽藍岳 火山活動の記録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]