霧島温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
霧島温泉駅*
駅舎(2007年9月8日)
駅舎(2007年9月8日)
きりしまおんせん - Kirishima-onsen
植村 (3.7km)
(5.8km) 嘉例川
所在地 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田169-3
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線
キロ程 106.5km(八代起点)
電報略号 キチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
300人/日(降車客含まず)
-2012年-
乗降人員
-統計年度-
610人/日
-2012年-
開業年月日 1908年明治41年)7月11日
備考 簡易委託駅
* 改称経歴
- 1962年 牧園駅→霧島西口駅
- 2003年 霧島西口駅→霧島温泉駅
ホーム(2009年7月4日)

霧島温泉駅(きりしまおんせんえき)は、鹿児島県霧島市牧園町宿窪田にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。構内には側線がある。駅舎は鉄筋コンクリート造である。駅舎内には土産物店・飲食店が入居している。

簡易委託駅である。マルス及びPOS端末は設置されていない。

駅弁[編集]

  • 竹ん皮温泉おにぎり弁当(ぽっぽ屋)
    • 土日に限り、 特急「はやとの風」停車時間に合わせて販売している。

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は300人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2000 290
2001 270
2002 274
2003 275
2005 240
2006 230
2007 211 430
2008 259 525
2009 278 562
2010 300 610
2011 296 613
2012 300 610

駅周辺[編集]

霧島市の誕生まで存在していた旧牧園町にある唯一の鉄道駅であるが中心地からは離れている。

※牧園市街地(霧島市役所牧園総合支所)へは南国交通にのりかえ

バス路線[編集]

ちびっ子駅長[編集]

2008年1月13日に、当駅の近所に住む2歳の男の子がJR九州鹿児島支社から駅長として委嘱を受けた。この男の子の曾祖父が国鉄時代に駅長を務めていたことがあり、またこの子自身も大の鉄道好きであったことから、当駅の近隣住民で作る「霧島温泉駅振興会」の提案で実現したものである。日曜日に曾祖父の使っていた駅長の制帽を身につけて家族と一緒にホームに立ち、「はやとの風」などの送迎を行う[1]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
肥薩線
植村駅 - 霧島温泉駅 - 嘉例川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2歳のちびっ子駅長誕生 霧島温泉駅活性化へJR委嘱」、『南日本新聞』2008年1月19日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]