表木山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
表木山駅
表木山駅(2006年8月26日)
表木山駅(2006年8月26日)
ひょうきやま - Hyōkiyama
中福良 (2.4km)
(4.8km) 日当山
所在地 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川316
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線
キロ程 116.8km(八代起点)
電報略号 ヒキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
2人/日
-2013年-
開業年月日 1920年大正9年)10月11日
備考 無人駅
ホームは2面2線の対向式ホーム(2006年8月26日)

表木山駅(ひょうきやまえき)は、鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。現在の駅舎は吉松方面ホームの脇にあり、南九州の無人駅でよく見る形の待合所風のものだが、かつては木造の駅舎があり、こちらは無人駅化された数年後に解体された。隼人方面ホームには小さく非常に簡便な待合所があるのみである。無人駅である。

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は1人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2000 3
2001 3
2002 2
2003 3
2005 1人以下
2006 1人以下
2007 1 2
2008 1人以下 1
2009 1 2
2010 1 2
2011 1 3
2012 1 3
2013 1 2

駅周辺[編集]

歴史[編集]

当駅はもともと大幹線たる鹿児島本線で列車同士の行き違いを行うための信号所として設置され、その4年後に駅に昇格した。信号所時代は地名の読みとおなじく「ひきやま」と読んでいたがこれが表木の文字をそのまま重箱読みして「ひょうきやま」といわれるようになってしまい駅に昇格した際には「ひょうきやま」が正式名称となってしまった。これは外部の人間の誤読を駅名の正式な読みにしてしまった一例で、同様な駅は全国にまだまだ多数ある。

  • 1916年大正5年)9月11日 - 鹿児島本線の表木山信号所(ひきやましんごうじょ)として開設。
  • 1920年(大正9年)10月11日 - 駅に昇格、表木山駅(ひょうきやまえき)となる。
  • 1927年昭和2年)10月17日 - 鹿児島本線の八代-吉松-鹿児島が川内本線全通にともない分離・改称され肥薩線となり、当駅も肥薩線の駅となる。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道に継承。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
肥薩線
中福良駅 - 表木山駅 - 日当山駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]