段駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
段駅
駅全景
駅全景
だん - Dan
八代 (5.2km)
(5.8km) 坂本
所在地 熊本県八代市坂本町西部段1862
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 肥薩線
キロ程 5.2km(八代起点)
電報略号 タン
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
15人/日(降車客含まず)
-2012年-
乗降人員
-統計年度-
32人/日
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)4月1日
備考 無人駅
球磨川の鮎釣りを描いた駅名標
西部大橋から眺める球磨川
奥に九州新幹線の高架橋が見える

段駅(だんえき)は、熊本県八代市坂本町西部段にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては島式ホーム1面2線であったが、片方の線路を撤去した構造である。駅舎は撤去済み。外へはホームの端から旧線路跡を渡って出るが、かつてはそこに駅舎があった。ホーム上に木造の待合所が置かれている。無人駅

利用状況[編集]

1日平均乗車人員及び乗降人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2000年 35 79
2001年 39 79
2002年 35 74
2003年 30 64
2004年 31 63
2005年 30 61
2006年 31 63
2007年 24 49
2008年 22 44
2009年 20 40
2010年 17 34
2011年 16 29
2012年 15 32

駅周辺[編集]

民家は比較的多く、球磨川の両岸に集落がある。球磨川の対岸には産交バスの西部大橋(さいぶおおはし)バス停があり、当駅から約500m離れている。

  • 熊本県道158号中津道八代線 - 駅前を走っている。
  • 下松求麻簡易郵便局
  • 球磨川
  • 西部大橋
  • 九州自動車道
  • 国道219号 - 対岸を走っている。
  • 旧深水発電所 - 当駅と坂本駅の間の車窓から一瞬、煉瓦造りの建物が見える。当駅を出て2番目のトンネルを出た直後、右側に見ることができる。

歴史[編集]

  • 1929年(昭和4年)9月11日 - 付近町村長より門司鉄道管理局に対し、八代 - 坂本駅中間停車場設置方を申請。
  • 1930年(昭和5年)10月29日 - 鉄道大臣の認可発令。
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 鉄道省が開設。駅員無配置。
  • 1940年(昭和15年)4月1日 - 駅員配置。
  • 1956年(昭和31年)7月20日 - 上り本線敷設竣工。
  • 1956年(昭和31年) - 駅長が赴任、八代駅管轄から独立。
  • 1977年(昭和52年) - 駅舎改築。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物取扱廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 電子閉塞装置導入により無人化。駅構内下り線撤去。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により九州旅客鉄道が継承。
  • 1988年(昭和63年)1月1日 - 駅舎撤去

『坂本村史』1990年、782-783頁などより

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
肥薩線
八代駅 - 段駅 - 坂本駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 段駅(駅情報) - 九州旅客鉄道