里見とん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「里見弴」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
里見 弴
(さとみ とん)
誕生 1888年7月14日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 1983年1月21日(満94歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学文学部中退
ジャンル 小説
主題 まごころ哲学
文学活動 白樺派
代表作 『善心悪心』(1916年)
『多情仏心』(1927年)
『安城家の兄弟』(1927年)
主な受賞歴 菊池寛賞(1940年)
読売文学賞(1956年・1971年)
文化勲章(1959年)
処女作 『淡い初恋』(1915年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

里見 弴(さとみ とん、1888年明治21年)7月14日 - 1983年昭和58年)1月21日)は、日本の小説家である。本名は山内英夫

来歴[編集]

横浜市生まれ。生まれる直前に母の弟の山内英郎が死去したためその養子となり、山内英夫(やまのうち ひでお)となった。

旧制学習院高等科から東京帝国大学文学部中退。1910年(明治43年)、2人の兄と共に同人『白樺』に参加。ペンネームの里見は、電話帳をペラペラとめくり指でトンと突いた所が里見姓であったためとしている。

志賀直哉の手引きで吉原などで遊蕩し、遂に大阪の芸妓・山中まさと結婚した。その経歴が『今年竹』『多情仏心』などの代表作に現れている。

1913年(大正2年)、志賀をモデルに書いた小説に対して志賀は「モデルの不服」を書いており『暗夜行路』冒頭に出てくる友人・阪口は弴がモデルである。しかし1914年(大正3年)には志賀とともに松江で暮らし、これは志賀が『暗夜行路』に、弴が『今年竹』に生かしている。

1915年(大正4年)、『淡い初恋』を中央公論に掲載して本格的に文壇デビュー、翌年同誌に『善心悪心』を発表、初期の代表作とされ同年、同名の短編集を刊行、祖母・静子に献じる。

1919年(大正8年)、時事新報に『今年竹』を連載するが中絶、のち完成させる。この年、吉井勇久米正雄らと雑誌『人間』を創刊。1920年(大正9年)、『桐畑』を國民新聞に連載。1922年(大正11年)から翌年大晦日まで、『多情仏心』を時事新報に連載。同年、兄・武郎の心中事件があり「兄貴はあんまり女を知らないからあんなことで死んだんだ」と言ったという。

1927年(昭和2年)から1929年(昭和4年)まで、武郎の心中事件を中心とした長編『安城家の兄弟』を3部に分けて発表。1932年(昭和7年)より6年間、明治大学文芸科教授を務める。1940年(昭和15年)、菊池寛賞(戦前のもの)を受賞。

1945年(昭和20年)、川端康成らと鎌倉文庫創設に参加、1947年(昭和22年)、日本芸術院会員となる。1952年(昭和27年)、『道元禅師の話』を連載、1954年(昭和29年)、十五代目市村羽左衛門の出生の秘密に触れた『羽左衛門伝説』を毎日新聞に連載。1956年(昭和31年)、短編集『恋ごころ』で読売文学賞を受賞。

永く鎌倉に住み、鎌倉文士のはじまりとされることもある。その縁で戦後は大船の撮影所にもよく出入りし、小津安二郎とも親しく小津と組んでいくつかの映画の製作にもかかわった。1958年(昭和33年)の『彼岸花』は小津と野田高梧の依頼を受け、映画化のために書き下ろしたものである。四男の山内静夫は、松竹の映画制作者である。

舞台への造詣も深く、その縁から歌舞伎、新派、文学座など、原作や戯曲も多く提供し、また演出も行った。代表作に花柳章太郎の当たり役(花柳十種のひとつに選ばれている)となった『鶴亀』(脚色:久保田万太郎)などがある。

1959年(昭和34年)、文化勲章受章。1960年(昭和35年)、『秋日和』を発表、1961年(昭和36年)に『極楽とんぼ』、1971年(昭和46年)に『五代の民』で読売文学賞受賞。

家族[編集]

同じく小説家の有島武郎画家有島生馬は共に実兄。

姉の有島愛は旧三笠ホテル経営者の山本直良と結婚。山本直良と愛との三男が作曲家指揮者山本直忠であり、直忠の息子(長男)が同じく作曲家で指揮者の山本直純である。また山本直良と愛の息子の山本直正は、与謝野鉄幹与謝野晶子夫妻の二女の与謝野七瀬と結婚した。俳優の森雅之は長兄・有島武郎の息子なので、甥にあたる。

主な作品[編集]

  • 『恋ごころ ほか』講談社文芸文庫
  • 『初舞台、彼岸花 ほか』 講談社文芸文庫
  • 『安城家の兄弟』 岩波文庫(上中下)
  • 『極楽とんぼ』 岩波文庫
  • 『道元禅師の話』 岩波文庫
  • 『多情仏心』 岩波文庫(上下)、新潮文庫
  • 『善心悪心』 岩波文庫
  • 『今年竹 前後篇』 岩波文庫
  • 『木魂、毛小棒大』 中公文庫(十二の短篇選集)
  • 『秋日和 ほか』 夏目書房(武藤康史編)
    • ※『全集』全10巻は、筑摩書房で刊行されたが実質は自選集である。

回想・伝記[編集]

  • 山内静夫 『八十年の散歩』 冬花社 2007年 ※実子による回想記を収む。
  • 小谷野敦 『里見弴伝 <馬鹿正直>の人生』 中央公論新社2008年
  • 『別冊かまくら春秋 追悼素顔の里見弴』 かまくら春秋社、1983年
※多くの著名人が寄稿、『唇さむし 文学と芸について 里見弴対談集』を同時期に刊行。