証人保護プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

証人保護プログラムしょうにんほごぷろぐらむ、US Federal Witness Protection Program、略:WITSEC)とは、アメリカ合衆国における法廷または上下両院における証言者を(いわゆる「お礼参り」から)保護する制度である。

概要[編集]

法廷諮問院会で証言者を被告発者による制裁から保護するために設けられた制度である。本制度はマフィアの「血の掟」によるお礼参りから証言者を保護する目的で設けられた。

該当者は裁判期間中、もしくは状況により生涯にわたって保護されることとなる。その間、住所の特定されない場所に政府極秘の国家最高機密で居住する。その際の生活費や報酬などは全額が連邦政府から支給される。内通者により居所が知られないとも限らないので、パスポート運転免許証、果ては社会保障番号まで全く新しいものが交付され完全な別人になる。なお、被保護者の中でもとりわけ、合衆国の国益に多大なる貢献をしたものは相当裕福な経済的援助を受けることもある。居住の場所はアメリカ合衆国内にとどまらず、ラテンアメリカ各国や、在外の米軍基地内、EU領内などのNATO軍の官舎等が割り当てられることも多々ある。

連邦証人保護プログラムを扱ったフィクション[編集]

映画[編集]

テレビ作品[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]