細川伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 60kg級
1988 ソウル 60kg級
世界柔道選手権
1985 ソウル 60kg級
1987 エッセン 60kg級

細川 伸二(ほそかわ しんじ、1960年1月2日 - )は、兵庫県一宮町(現・宍粟市)出身の柔道家。1984年ロサンゼルスオリンピック柔道男子60kg級金メダリストで1980年代の日本の軽量級を代表する選手。得意技は背負い投げ巴投げ内股すかし。身長157cm[1]

経歴[編集]

「ケンカに強くなりたい」と一宮北中(現・宍粟市立一宮北中学校)1年時に柔道を始め、3年時には生徒会長を務めた。奈良天理高校へ進学し、1977年インターハイ個人戦軽量級優勝。天理大学時代には1978年1980年世界学生選手権2連覇、1980年全日本学生体重別選手権優勝。

大学卒業後、1982年奈良工業高校教諭となり、1984年ロサンゼルスオリンピックの男子柔道60kg級で金メダルを獲得[1]1985年世界選手権優勝の後一旦引退し教職に専念していたが、1987年に現役復帰。1988年ソウルオリンピック60kg級で銅メダルを獲得。ソウルオリンピックでは細川が登場すると会場は大ブーイングに包まれた[2]。準決勝で米国のアサノに不可解な判定で敗れ[3]、連覇はならなかった[1]

1988年10月から全日本柔道連盟強化コーチに就任。1997年4月から日本オリンピック委員会専任コーチに就任した。軽量級のコーチとして長く日本ナショナルチームを支え、五輪3連覇の野村忠宏らを育てた。野村忠宏が尊敬する人物として細川の名を挙げている。現在は天理大学教授、全日本柔道連盟男子強化部長として後進の指導に当たっている。

主な戦績[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Biography and Olympic Results
  2. ^ 【114の金物語】(79)柔道・60キロ級 細川伸二「産経新聞」
  3. ^ 【第79号】細川伸二-持ち前の強心臓で一気に勝ち抜く

外部リンク[編集]