磋牙司洋之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
磋牙司洋之 Sumo pictogram.svg
Sagatsukasa 09 Sep.JPG
基礎情報
四股名 磯部→磋牙司
本名 磯部 洋之
生年月日 1981年12月21日(32歳)
出身 静岡県三島市
身長 166cm
体重 134kg
BMI 48.63
所属部屋 入間川部屋
得意技 食い下がり、押し、投げ
成績
現在の番付 西幕下3枚目
最高位 西前頭9枚目
生涯戦歴 325勝303敗17休(61場所)
幕内戦歴 33勝50敗7休(6場所)
優勝 幕下優勝1回
十両優勝1回
データ
初土俵 2004年3月場所
入幕 2010年3月場所
備考
2014年6月30日現在

磋牙司 洋之(さがつかさ ひろゆき、1981年12月21日 - )は、静岡県三島市出身で入間川部屋所属の現役大相撲力士。本名は磯部洋之(いそべ ひろゆき)。身長166cm、体重134kg、血液型AB型。得意手は食い下がり、押し、投げ。最高位は西前頭9枚目(2011年9月場所)。

来歴[編集]

小学生時代から相撲を始め、三島市錦田小学校6年生の時にわんぱく相撲全国大会に優勝してわんぱく横綱に輝き、中学時代では、静岡県代表として全国都道府県中学生相撲選手権大会に出場して個人・団体と優勝する。沼津学園高校(現在の飛龍高校)では2年生で全国高等学校相撲選手権大会高校総体)に優勝して高校横綱の座に輝き、3年生で高校相撲金沢大会に優勝して活躍し、朝青龍琴奨菊(当時共に明徳義塾高校在学)らと共に日本代表として中国遠征する。なお優勝した高校総体の決勝で対戦したのは文徳高校3年生の普天王で、その普天王に準決勝で敗れたのが明徳義塾高校2年生の朝青龍だった。

その後東洋大学へ進学する。大学の同期生には木村山武誠山がいる。相撲の才能はありながらも身長があまり伸びず、牛乳を大量に飲んだり、鉄棒にぶら下がると身長が伸びると聞いて実践したものの肩を外してしまい苦労した、と新入幕時のインタビューにおいて笑い話として語っている。学生相撲時代に幕下付出の資格となるタイトル獲得はなく、当時の身長は167cmと、身長173cm以上の第1新弟子検査の規定から外れるため、第2新弟子検査を経て、大学卒業後の2004年3月場所に前相撲で初土俵を踏んだ。粘り強く食い下がる相撲で、2004年5月場所から9場所連続で勝ち越しを続けて、2005年11月場所には幕下上位まで番付を上げた。2006年5月場所は怪我で全休したものの、2007年7月場所では東幕下19枚目で7戦全勝の成績を挙げて幕下優勝を果たした。同年9月場所は東幕下3枚目まで番付を上げて4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で翌11月場所における新十両への昇進が決定し、同時に四股名を「磋牙司」と改めた。しかし、その11月場所では6勝9敗と負け越して1場所で幕下へ陥落した。

2008年3月場所において十両へ復帰し、その3月場所では西十両14枚目の位置で8勝7敗と十両では自身初となる勝ち越しを決めたものの、同年11月場所に5勝10敗と大きく負け越して、2009年1月場所において再び幕下へ陥落した。同年5月場所には3回目の十両昇進を果たしたものの7勝8敗と負け越し、翌7月場所に幕下へ陥落した。同年9月場所に4回目の十両昇進を果たすと、その9月場所から3場所連続で勝ち越しを決め、2010年3月場所において新入幕を果たした。平成以降に静岡県出身力士として幕内に昇進したのは潮丸片山に次いで3人目、第2新弟子検査による入門者で十両・幕内へ昇進したのは豊ノ島に次いで2人目となった。しかし、その3月場所では6勝9敗と負け越して1場所で十両へ陥落した。

さらに右足首の怪我の影響もあり、同年7月場所からは3場所連続で負け越してしまい、同年11月場所では幕下へと陥落してしまった。2011年5月技量審査場所において5回目の十両昇進を果たし、その場所では4日目から12連勝して13勝2敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たした。再入幕となった翌7月場所では8勝7敗と幕内では自身初となる勝ち越しを決めたものの、翌9月場所からは3場所連続で負け越してしまい、2012年3月場所において再び十両へ陥落した。

2013年3月場所には3回目の入幕を果たしたものの、7日目の富士東戦で左足を痛めてしまい、左膝内側側副靱帯損傷および左ハムストリング肉離れで全治1ヶ月の診断を受けて、中日からは休場し、結果的には2勝6敗7休と大きく負け越して、翌5月場所では十両へ陥落した。その5月場所でも4勝11敗と大敗して、翌7月場所では幕下へ陥落した。陥落したその場所も2番相撲から5連敗があり、八番相撲が組まれて勝ったものの3勝5敗と負け越し。しかし、以降3場所は連続勝ち越しで、2014年3月場所で5場所ぶりに十両へ復帰することが決まった。だが、その場所は4勝11敗と大敗し、翌5月場所では幕下に陥落した。

取り口[編集]

  • 小ささに付け込まれ受け身に回ると脆さもあるが、立ち合いから鋭く低く当たる相撲を心掛けており、自身の低さを生かす取り口で、小兵ではあるものの過剰に変化に頼ることのない取り口は評価されている。
  • 武州山との相性が悪く、幕下時代から武州山の引退まで一度も勝利できなかった。

エピソード[編集]

  • 2008年3月場所で、場内放送で四股名に惑わされて出身地を「佐賀県三島市」と言い間違えられるハプニングがあった。
  • その小兵ぶりは、特に近年の大型化著しい角界において際立っており、小兵力士の代名詞ともいえる舞の海より体重は磋牙司の方が上回るが、身長は公称で3cm以上も低い。当の舞の海にも「インタビューしましたが、小さかったですね」と評された。北の富士も「こういう人はやりにくいだろう」「僕は小さい人は大っ嫌いだったね」とコメントしている。
  • 目標とする力士は、大師匠の弟弟子にあたる元横綱・栃ノ海
  • 2011年9月場所5日目(2011年9月15日)の栃乃若との対戦において、栃乃若に土俵際まで押し込まれたものの、相手の左腕を掴んで豪快な一本背負いを決めて勝利した。一本背負いの決まり手での勝利は、幕内では2004年5月場所千秋楽に豪風金開山に決めて以来のこととなった。同場所から開始された観客のマークシート採点による「敢闘精神評価」では649ポイントという当日のトップ得票を獲得し、本人は「流れで体が勝手に動いた。大きな技で決まると気持ちがいい」「お客さんが喜んでくれたので、よかった」と取組後に語った。

主な成績[編集]

2014年5月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:325勝303敗17休(61場所)
  • 幕内成績:33勝50敗7休(6場所)
  • 十両成績:155勝176敗(22場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:1回 (2011年5月技量審査場所)
  • 幕下優勝:1回 (2007年7月場所)

場所別成績[編集]

                

磋牙司 洋之
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2004年
(平成16年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #15
5–2
 
西 序二段 #94
6–1
 
東 序二段 #17
6–1
 
東 三段目 #55
6–1
 
2005年
(平成17年)
東 三段目 #3
5–2
 
西 幕下 #43
5–1–1
 
東 幕下 #31
4–3
 
西 幕下 #21
4–3
 
東 幕下 #16
4–3
 
東 幕下 #13
3–4
 
2006年
(平成18年)
西 幕下 #18
5–2
 
東 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #6
休場
0–0–7
東 幕下 #47
4–3
 
東 幕下 #39
6–1
 
西 幕下 #17
4–3
 
2007年
(平成19年)
西 幕下 #14
3–4
 
西 幕下 #22
5–2
 
西 幕下 #13
3–4
 
東 幕下 #19
優勝
7–0
東 幕下 #3
4–3
 
東 十両 #14
6–9
 
2008年
(平成20年)
東 幕下 #2
4–3
 
西 十両 #14
8–7
 
西 十両 #12
7–8
 
西 十両 #13
9–6
 
東 十両 #9
5–10
 
東 十両 #14
6–9
 
2009年
(平成21年)
西 幕下 #2
4–3
 
西 幕下 #1
4–1–2
 
東 十両 #14
7–8
 
東 幕下 #1
4–3
 
西 十両 #11
9–6
 
東 十両 #4
8–7
 
2010年
(平成22年)
西 十両 #1
9–6
 
東 前頭 #15
6–9
 
東 十両 #1
7–8
 
西 十両 #1
3–12
 
西 十両 #10
5–10
 
西 幕下 #1
3–4
 
2011年
(平成23年)
西 幕下 #3
5–2
 
八百長問題
により中止
東 十両 #12
優勝
13–2
東 前頭 #13
8–7
 
西 前頭 #9
6–9
 
西 前頭 #12
6–9
 
2012年
(平成24年)
西 前頭 #14
5–10
 
東 十両 #2
6–9
 
西 十両 #5
8–7
 
西 十両 #3
6–9
 
東 十両 #7
7–8
 
西 十両 #7
9–6
 
2013年
(平成25年)
西 十両 #2
9–6
 
西 前頭 #14
2–6–7
 
東 十両 #7
4–11
 
西 幕下 #1
3–5
 
西 幕下 #10
5–2
 
東 幕下 #6
4–3
 
2014年
(平成26年)
東 幕下 #2
4–3
 
東 十両 #14
4–11
 
西 幕下 #7
4–3
 
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 磯部 洋之(いそべ ひろゆき)2004年3月場所-2007年9月場所
  • 磋牙司 洋之(さがつかさ - )2007年11月場所-

関連項目[編集]

外部リンク[編集]