田辺朔郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田辺朔郎

田辺 朔郎(たなべ さくろう、1861年12月2日文久元年11月1日) - 1944年昭和19年)9月5日)は、日本の土木工学者琵琶湖疏水や日本初の水力発電所の建設、関門海底トンネルの提言を行った。北海道狩勝峠の名づけを行った。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「叙任及辞令」『官報』1890年11月4日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「叙任及辞令」『官報』1916年4月11日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]